このページの本文へ

BIOSTAR「TA790GX A2+」

強力VGA機能内蔵の新型「AMD 790GX」採用マザーデビュー!

2008年08月08日 23時15分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 今週6日に発表されたAMD製の新型チップセット「AMD 790GX」を搭載したBIOSTAR製Socket AM2対応マザーボード「TA790GX A2+」が今日から店頭に並んでいる。

「AMD 790GX」 今週6日に発表されたAMD製の新型チップセット「AMD 790GX」。内蔵するGPU機能は、コアクロック700MHz/DirectX 10対応の「Radeon HD 3300」。高いパフォーマンスを実現する

 「AMD 790GX」は、「AMD 780G」チップセットの上位モデルとなるGPU統合型の新型チップセット。内蔵するGPU機能は、コアクロック700MHz/DirectX 10対応の「Radeon HD 3300」。「AMD 780G」が内蔵するコアクロック500MHzの「Radeon HD 3200」と比較して33%ほど高速化されているという。
 また「Advanced Clock Calibration」(ACC)と呼ばれるオーバークロック機能を備えるのも特徴のひとつ。例えば、従来のオーバークロックでは2.5GHz→3GHzが限界であるところを、3.2GHz以上で動作させることもできるという。
 その他、動画再生支援機能は、H.264やVC-1のハードウェアデコードが可能なお馴染みの「UVD」(Avivo HD)を搭載。DVIやHDMI、DisplayPort、アナログRGB出力に対応するほか、「Hybrid CrossFire X」や「CrossFire X」も従来通りサポートされる。
 組み合わされるSouth bridgeは、こちらも新登場となる「SB750」。既存の「SB700」から新たにRAID 5をサポートする点などが目新しい。その他、「AMD 790GX」については「Phenomのパワーを引き出す新チップセット AMD 790GX」を参照していただきたい。

「TA790GX A2+」 仕様
「AMD 790GX」搭載第一弾となった「TA790GX A2+」。組み合わされるSouth bridgeは、こちらも新登場となる「SB750」。既存の「SB700」から新たにRAID 5をサポートする点などが目新しい

 「AMD 790GX」搭載第一弾となった「TA790GX A2+」は、拡張スロットがPCI Express(2.0)x16×2(x0+x16もしくはx8+x8)、PCI Express x1×2、PCI×2、DDR2 DIMM×4(DDR2-533/667/800/1066、16GBまで)という構成のATX対応マザーボード。
 オンボードインターフェイスには、64MBのLFBや前述のVGA機能、8chサウンド(Realtek/ALC888)、ギガビットイーサネット(Realtek/RTL8111C)、Serial ATA II×6(RAID 0/1/5/10)、IDE×1などを搭載。I/O部にはVGAとDVI、HDMI出力を備えている。価格はアークで1万3780円、ツクモパソコン本店IIとTSUKUMO eX.で1万3980円。オンボードVGA機能としてはかなり強力なパフォーマンスを背景に、Phenomユーザーの間で人気となりそうな製品だ。

拡張スロット I/O部
ポップ オンボードインターフィイスには、64MBのLFBや前述のVGA機能、8chサウンド(Realtek/ALC888)、ギガビットイーサネット(Realtek/RTL8111C)、Serial ATA II×6(RAID 0/1/5/10)、IDE×1などを搭載。I/O部にはVGAとDVI、HDMI出力を備えている

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中