このページの本文へ

JETWAY「NC62K-LF」

Mini-ITXマザー初のPhenom X4サポートはコレ!

2008年07月18日 23時30分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Mini-ITXマザーボードとしては初のPhenom X4サポートとなる「NC62K-LF」がJETWAYから登場した。チップセットに「GeForce 8200」を採用するSocket AM2対応となる製品だ。

「NC62K-LF」 製品
Mini-ITXマザーボードとしては初のPhenom X4サポートとなる「NC62K-LF」がJETWAYから登場

 同マザーはNVIDIA初のDirectX 10対応GPUコアを内蔵した統合型チップセット「GeForce 8200」を採用するMini-ITXマザー。販売しているアークによると「TDP 65WまでのCPUがサポート対象で、それ以外のCPUは動作した場合でも保証対象外」とのこと。製品には専用薄型CPUクーラーが付属している。

裏面 専用薄型CPUクーラー
「TDP 65WまでのCPUがサポート対象で、それ以外のCPUは動作した場合でも保証対象外」。製品には専用薄型CPUクーラーが付属している

 主なスペックは、拡張スロットがPCI×1、メモリはDDR2-DIMM×1(DDR2-1066/800、2GBまで)という構成で、チップセット内蔵のVGA機能や8chサウンド(Realtek/ALC883)、デュアルギガビットイーサネット(Realtek/RTL8211B+RTL8111C)、Serial ATA II×4(RAID 0/1/0+1/5/JBOD)、IDE×1などをオンボードで搭載。I/O部にはD-SUB/DVI-Dを備え、付属品としてDVI-D→HDMI変換アダプタを同梱する。
 なお、BIOSは最新の「A02」にアップデート済みとのこと。価格は2万6780円となっている。

I/O部 ポップ
I/O部にはD-SUB/DVI-Dを備え、付属品としてDVI-D→HDMI変換アダプタを同梱。またBIOSは最新の「A02」にアップデート済みとのこと

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中