このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

カット#04 キャッチを入れてレイヤー嬢のハートをキャッチ!

2008年07月29日 21時00分更新

文● 藤山 哲人

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

シャッターを斬る! 日陰や逆光と戦う

 これまでコスプレ広場は西館屋上だったため、ほとんどが日当たりの良い場所だった。しかし今回からは、レストラン街の庭園になるということで、日陰での撮影が多くなることに注意しよう。
 現場を下見してきたが、日陰もかなり多種多様。樹木を抜ける木漏れ日の日陰から、暗めの木の影、遊歩道下のかなり暗い日陰までさまざまだ。

明るめの木漏れ日 暗めの木漏れ日
木漏れ日も色々で撮影は大変そう。撮影時刻は15時

 撮影のポイントは、レイヤーさんごとにホワイトバランスを確認すること。日陰なら日陰モード、ひなたなら太陽光モード。ついつい確認を忘れがちになり、直前に撮影したホワイトバランスで撮影しがちなので注意したい。
 木漏れ日のあるような比較的明るい日影の場合は、日陰モードと日光モードでテストしてみて、どちらで行くかを決めるといい。もしそんな時間がない場合は、オートホワイトバランスに頼る手もありだ。
 日陰での撮影は、ひなたでの撮影と同じようにすればいい。いちばん暗い日陰は遊歩道下だったが、通路が白くこれに反射した光が遊歩道下にも回り込んでいたので、メインをストロボ光にするまでもないといった感じ。

遊歩道下
遊歩道下の影。撮影時刻は15時半

 注意すべき点は、通路下の影で撮影すると日陰とひなたが混在する点だ。レイヤーさんの上半身だけひなた、下半身は日陰になってしまう場合は、何歩か移動してもらって全身がひなた(もしくは日陰)に入るように声をかけよう。

 下からの煽り構図で逆光になってしまい、レイヤーさんの顔が黒く潰れてしまうような場合は、ストロボの発光量を多めにしたり、ストロボをオートモードにするといいだろう。

逆光でストロボなし ストロボを使用
撮影日はどんより下曇り空だったので、激しい逆光は再現できなかったが、逆光になると写真左のようにレイヤーさんの顔が黒くなる。こんなときはストロボ光を打って顔を明るくする

 なかなかうまく撮影できないという場合は、カメラの設定をポートレートモードにしてなんとか凌ぐ手もありだ。

 今回の「カット#04 キャッチを入れてレイヤー嬢のハートをキャッチ!」はいかがだっただろうか。今回のストロボブラケット自作のススメなど、筆者はこんなものまで自作するのか……という何か執念のようなものを感じていただければと思う。
 ということで次回は最終回「カット#05 女の子をソノ気にさせる口説き方」をお送りする予定だ。より強力な藤山ワールドを展開しつつ、重要なこともきちんと解説しているので、ぜひ最後までおつきあい頂ければ幸いである。



【撮影協力】

前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ