このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

おさんぽ猫もキレイ撮り! 進化したLUMIXのおまかせ機能とは

2008年07月22日 22時00分更新

文● 盛田 諒/トレンド編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
DMC-LX3
パナソニックから、22日に発表されたコンパクトデジタルカメラ「LUMIX」シリーズの新モデル。いずれも8月22日発売予定で、秋の行楽シーズンに合わせたモデルとなっている。写真は「DMC-LX3」(詳細は後述)

 パナソニックが22日に発表したコンパクトデジカメ「LUMIX」シリーズ。真夏の新作は下記の4モデルだ。

LUMIXシリーズ8月発売ラインナップ
製品名 DMC-LX3 DMC-FZ28 DMC-FX150 DMC-FX37
撮像素子 マニア向けコンパクト機 光学18倍ズーム機 超高画素コンパクト機 売れ筋スリムコンパクト機
予想実売価格 6万5000円前後 5万5000円前後 4万7000円前後 4万3000円前後

 すべての機種に共通するポイントは、進化した「おまかせiA」機能の搭載。画像処理エンジンも「ヴィーナスエンジンIV」に進化した。



進化した4つの「おまかせ」で、子供も猫もキレイに激写!


 「おまかせiA」は、撮影シーンをカメラが自動的に判別して、最適な設定にする機能。これまでの機種では、顔認識や自動シーン判定など6機能が搭載されていたが、今回の4モデルでは新たに「追っかけフォーカス(追尾AF)」「横顔追尾」「手ブレ補正 AUTOモード」「自動逆光補正」の4つが加わった。

 中でも注目したいのが、追っかけフォーカス。これは被写体を色で判別し、その動きを自動追尾する機能。散歩中の猫や、運動会で活躍するわが子など、動いている被写体に有効なのはもちろん、中央で一度フォーカスを合わせ、フレームを移動させながら最適な構図を選ぶ、といった使い方でも有効な機能だ。

 顔認識機能には横顔追尾が追加された。これは、一度正面で認識した顔を横向きになってもそのまま追いかけてフォーカスを合わせてくれるもの。富士写真フイルムのFinePixシリーズなどではすでに搭載されている機能だが、パナソニックも対応した。

 手ブレ補正 AUTOモードは、常にぶれのない状態で被写体を捉える「MODE1」と、シャッターを押す瞬間だけ手ぶれ機能を動作させる「MODE2」を、撮影シチュエーション(広角/望遠)に合わせて自動的に切り替える機能。自動逆光補正は、その名の通り明るい空を背景にした人物の撮影など、逆光状態で効果を発揮する機能で、人物を黒つぶれせず自動で暗部補正をかけてくれるもの。

 これらの機能は、カメラのモードダイヤルを「iA」の位置に合わせることで利用できる。失敗写真が多い、デジカメビギナーでも安心して撮影に臨めるという点で価値が高い。

 一方ヴィーナスエンジン IVは、低周波と高周波のノイズを分離し、低周波ノイズを重点的に抑えることにより、高感度撮影時のデジタルノイズを抑えられるという。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン