このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

売切れ続出!MSI「Wind Notebook」人気の秘密

2008年07月11日 17時30分更新

文● 小浜雅胤/トレンド編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 今、再び低価格ミニノートがアツイ! 工人舎の「SC」、Acerの「Aspire one」、ASUSの「Eee PC 901」など、次世代ミニノートの国内発売が相次いでいる(関連記事123)

Wind Notebook U100
「Wind Notebook U100」

 MSIの「Wind Notebook U100」もそのひとつ。人気の高い製品で、発売後も売り切れ状態が続いている。その魅力はどこにあるのか? 写真を中心に見ていこう。



ニコニコの「弾幕」もOKな処理能力


 Wind Notebook U100は、CPUにAtom N270(1.60GHz)を搭載したミニノート。この手のマシンとしてはやや大型の10インチ(1024×600ドット)液晶ディスプレーを搭載する。メモリーは1GB、HDDは80GB、OSはWindows XPで、予想実売価格は5万9800円

 触ってみて率直な感想は、「ここ最近のミニノートではトップクラスにバランスのいいモデルなのでは?」というものだ。

天面 背面
カラーバリエーションはエンパイアブラックとロマンティックピンクの2色背面には廃熱用のスリットが沢山刻まれている
左側面 右側面
USB 2.0×3や4in1カードリーダーなど、必要十分なインターフェースを搭載

 まず処理能力だが、低価格ノートにありがちな、もっさり感はなかった。起動時間も、「ようこそ」の文字が表示されるのに35秒、デスクトップが表示されるまでは45秒。XP機としてはなかなか優秀だ。

 VIA C7搭載機などのミニノートでよく見られた、ニコニコ動画のコマ落ちも、Wind Notebookではほとんど見られなかった。画面がコメントで埋まる「弾幕状態」でもまったく問題なし。DVD動画も問題なくスムーズに再生できた。HDDは80GBの容量があるので、メディアプレーヤーとしての使い勝手もよさそうだ。1時間使っていても、本体がほとんど熱くならなかったのもポイントが高い。

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン