このページの本文へ

MSI「N9600GT-T2D2G-OC」「N9600GT Hybrid Freezer」

MSIから変り種「GeForce 9600 GT」カードが2モデル!

2008年05月30日 21時45分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 MSIから、一風変わった仕様の「GeForce 9600 GT」搭載ビデオカード「N9600GT-T2D2G-OC」と「N9600GT Hybrid Freezer」の2モデルが発売となっている。

「N9600GT-T2D2G-OC」
コンシューマ向けのビデオカードとしては珍しく2GBのGDDR3 メモリを搭載する「N9600GT-T2D2G-OC」

GDDR3 2GBの大容量! 「N9600GT-T2D2G-OC」

 「N9600GT-T2D2G-OC」は、コンシューマ向けビデオカードとしては珍しく2GBのGDDR3 メモリを搭載する製品。カードは2スロット仕様となる冷却ファンを採用したもので、コア/メモリクロックが700MHz/1700MHz(定格クロックは650MHz/1800MHz)にオーバークロックされているのもポイントだ。
 ブラケット部はDualDVI/HDTV-OUT、付属品としてDVI→D-SUB変換コネクタやDVI→HDMI変換コネクタ、S/PDIF内部接続用ケーブル、HDTV対応コンポーネントケーブル、S-Video出力延長ケーブル、4pin-6pin電源変換ケーブルなどを同梱する。価格はスリートップ2号店で3万6580円、アークで3万6780円となっている。

「N9600GT-T2D2G-OC」
カードは2スロット仕様となる冷却ファンを採用したもので、コア/メモリクロックが700MHz/1700MHz(定格クロックは650MHz/1800MHz)にオーバークロックされているのもポイント

ファンレスでもいける!? 「N9600GT Hybrid Freezer」

「N9600GT Hybrid Freezer」
低負荷時の「2D MODE」と高負荷時の「3D MODE」を自動で切り替え、「2D MODE」においてはファンを停止させファンレス状態でも使用が可能というのが特徴の「N9600GT Hybrid Freezer」

 「N9600GT Hybrid Freezer」は、低負荷時の「2D MODE」と高負荷時の「3D MODE」を自動で切り替え、「2D MODE」においてはファンを停止させファンレス状態でも使用が可能というのが特徴の製品。
 冷却ファンは6mm径ヒートパイプ採用の2スロット仕様。ちなみに3Dゲーム中などの高負荷時「3D MODE」でのノイズレベルは28dBとしている。実際にケースなどに入れて使用する場合は、他のパーツとの兼ね合いもあり、どの程度ファンレス状態で仕様できるのかが興味深いところ。温度可変でファンを止めてしまうという、今までにないユニークなアプローチと言えるだろう。
 その他、コア/メモリクロックは700MHz/1800MHz(定格クロックは650MHz/1800MHz)のオーバークロック仕様。搭載メモリはGDDR3 1GBでブラケット部はDualDVI/HDTV-OUT。付属品としてDVI→D-SUB変換コネクタやDVI→HDMI変換コネクタ、S/PDIF内部接続用ケーブル、HDTV対応コンポーネントケーブル、S-Video出力延長ケーブル、4pin-6pin電源変換ケーブルが同梱する。価格はスリートップ2号店で3万1680円、アークで3万1980円だ。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中