このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ニコニコムービーメーカーが、動画編集に対応しない理由──インターネット村上社長に聞く(前編)

2008年04月03日 09時00分更新

文● 高橋暁子

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 3月5日、ニコニコ動画専用の動画作成ソフト「ニコニコムービーメーカー」(通称:NMM)がリリースされた。「動画作成ソフトなのに静止画にしか対応していない」という批判もあるが、その理由はなぜなのか? 開発した(株)インターネット代表取締役社長の村上昇氏に話を聞いた。

村上氏

インターネットの村上昇社長



ターゲットが見えたからこその決断


 インターネットは大阪のDTMソフトの老舗会社だ。作曲ソフト「Singer Song Writer」の販売などで知られる。

ニコニコムービーメーカー

ニコニコムービーメーカーのウェブサイト。無料で使用できる

 ドワンゴとは着メロからの付き合い。DTMの会社が動画作成ソフトを開発した背景には、ドワンゴから「簡単に動画を作成、アップできるツールを作ってほしい」という依頼があった。

村上 動画編集ソフトをやろうという考えは以前から上がっていたが、動画編集というマーケットはニッチで、ビジネスにはなりづらいのではないかという疑問があった。既成のソフトに対抗できるかという悩みもあり、実現には至らなかった。

 そんな時にやってきたドワンゴからの依頼だから飛びついた。


村上 対象はニコニコ動画ユーザーとはっきり見えているし、ニコニコ動画に特化したからこそできる機能がある。ニコニコ動画公式は強み。知らなかった人たちが気づいて、やってみようという気になりやすい。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン