このページの本文へ

「薄さ」で液晶テレビをリードする

日立、世界最薄35mmの液晶テレビ「Wooo」3モデルを発表

2007年10月23日 18時39分更新

文● 編集部 橋本 優

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 (株)日立製作所は23日、世界最薄という厚さ35mmを実現した液晶テレビ「Wooo」(ウー)3モデルを発表し、都内で発表会を開催した。全機種とも価格はオープンプライス。



液晶モジュールは20mmの薄さ


 ラインナップは、32V型ワイド「UT-32HV700」(想定実売価格23万円前後、12月発売)、37V型ワイド「UT37-XV700」(同33万円前後、2008年2月発売)、42V型ワイド「UT42-VX700」(同43万円前後、2008年4月発売)の3モデル。本体カラーは、32V型ワイドのモデルが、ブラック、ホワイト、レッド、ブルーのカラーバリエーションモデルを用意(レッドとブルーは限定生産)。そのほかのモデルはブラックのみとなる。

左上が42Vワイド型「UT42-VX700」、その下が32Vワイド型「UT-32HV7000」、右が37Vワイド型「UT37-XV700」

左上が42Vワイド型「UT42-VX700」、その下が32Vワイド型「UT-32HV7000」、右が37Vワイド型「UT37-XV700」

 液晶パネルは、UT-32HV7000が1366×768ドット表示の「IPS α」パネルで、秒間60コマ駆動となる。UT37-XV700は1920×1080ドット表示の「フルHD IPS α」パネルを採用し、120コマの倍速駆動が可能。UT42-VX700は1920×1080ドット表示の「IPS」パネルを採用し、120コマの倍速駆動となる。IPS α/フルHD ISP αパネル採用モデルでは、178度の視野角で見ても100:1のコントラストを実現するという。ちなみに通常(正面から見た場合)のコントラスト比は1万:1となる。

UT37-XV700の側面。厚さはすべてのモデルで最薄部35mm

UT37-XV700の側面。厚さはすべてのモデルで最薄部35mm

新しい「拡散板」の解説図

新しい「拡散板」の解説図

 すべてのモデルで39mm(最薄部が35mm)の厚さを実現。液晶モジュール自体の厚さは20mm程度だという。この薄さを実現するため、バックライトの光を効率的に行き渡らせる「拡散板」を開発し、蛍光管と拡散板、フロントパネルの間を縮めた。さらに従来比で3分の1という薄さを実現した電源基板を新たに開発。そのほか、大型サーバーに取り入れられている新しいファンレス冷却技術や、パネルのねじれを防止する新しい薄型軽量フレームの採用により、モジュールの薄型化を実現した。

「Woooステーション」

「Woooステーション」



機器連携機能「Wooo リンク」も搭載


 Woooではテレビ本体にチューナーや映像/音声入出力を内蔵せず、外付けの「Woooステーション」に搭載する(上記価格にはWoooステーションおよびスタンドが含まれる)。付属するWoooステーションは3モデルとも共通で、HDMI(1080p、30/36bit Deep Color信号対応)×3、コンポーネント(D4)×1、コンポジット/Sビデオ×1といった入力インターフェースを備える。特にHDMIは機器連携が可能な「HDMI CEC」に対応し、Woooステーションに接続したHDMI CEC対応機器との連動動作が可能となる(例えばリモコンでWoooの電源をオフにすると、Woooステーションに接続されたHDMI CEC対応のHDDレコーダーの電源もオフになる、など)。そのほか、「iVポケット」と呼ばれるスロットにリムーバブルHDDの「iDVR-S」を挿入することで、ハイビジョン番組を録画できる。チューナーはデジタル(地上/BS/110度CS)とアナログを各1つずつ内蔵している。

「Woooステーション」の背面。縦置きも可能

「Woooステーション」の背面。縦置きも可能

リモコン。HDMI CEC対応で機器連携も可能

リモコン。HDMI CEC対応で機器連携も可能



UWBでワイヤレス接続も可能


 Wooo本体とWoooステーションはHDMIケーブルで接続するが、この間を無線化する「ワイヤレスユニット」を別売(想定実売価格9万円前後)で用意する。無線方式は4.2~4.8GHz帯のUWB(Ultra Wide Band)で、変調方式は「MB-OFDM」。最大9mまで離して設置することができるという。

テレビ側に設置する受信部。テレビとはHDMIで接続する

テレビ側に設置する受信部(デザインは変更の可能性がある)。テレビとはHDMIで接続する

「Woooステーション」(左)と送信部(右)

「Woooステーション」(左)と送信部(右、デザインは変更の可能性がある)。こちらもHDMI接続となる

 発表会では、同社執行役常務でコンシューマ事業グループ長兼CEOの江幡 誠氏が「(日立は)プラズマテレビには力を入れている」ものの、「液晶テレビは他社製品との差別化ができていなかった」とし、今回の新製品の特徴である「薄型」に社内リソースを集中したことを明かした。その上で「薄型のテレビは日立がリードする」と意気込んだ。

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

iPhone 11、ASCII徹底大特集!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中