このページの本文へ

iVDR-Sを2台搭載可能な地デジタルチューナーも

日立、60V型のiVDR-S対応フルハイビジョンテレビ「P60-XR01」を発売

2007年09月20日 16時45分更新

文● 編集部 若林健太

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 (株)日立製作所は20日、地上/BS/110度CSデジタル放送対応プラズマテレビ「Wooo」(ウー)シリーズの新製品として、250GBのHDD「iVDR-S Built-in」を内蔵し、コンテンツ保護技術に対応したカートリッジ型のリムーバブルHDD「iVDR-S」の装着(追加)も可能な60V型フルハイビジョンプラズマテレビ「P60-XR01」を11月15日に発売すると発表した。価格はオープンプライスで、予想実売価格は85万円前後。同時に、iVDR-S用のiVポケットを2個装備する地上/BS/110度CSデジタル放送チューナー「IV-R1000」を11月15日に発売すると発表した。価格はオープンプライスで、予想実売価格は6万円前後。

「XR01」シリーズの最上位モデル「P60-XR01」

P60-XR01
P60-XR01

 P60-XR01は、今年3月に発表された「XR01」シリーズ(関連記事)の最上位機種にあたる製品。フルHD解像度(1920×1080ドット)対応の60V型PDP(プラズマディスプレーパネル)「フルHD ALISパネル」を搭載し、輝度は1000cd/m2、コントラスト比は1万:1。広い色再現空間を実現する「新ダイナミック MBP カラーフィルター」や、明るい照明下でも引き締まった黒を表現するという「ファインブラックフィルター」を従来同様に搭載する。さらに、24フレーム/秒の映画フィルムの映像を60フレーム/秒のテレビ信号に変換する際、同社独自の動き補間アルゴリズムにより滑らかで自然な動きを実現する「なめらかシネマ」機能も搭載している。

 主な仕様は以下のとおり。

P60-XR01
画面サイズ:60V型 プラズマ|パネル:フルHD ALISパネル|表示画素数:1920×1080ドット|輝度:1000cd/m2コントラスト比:1万:1
チューナー:地上/BS/110度CSデジタル放送チューナー×2、地上アナログチューナー搭載|記録メディア:録画用250GB HDD内蔵およびiVポケット搭載|主な入力端子:VHF/UHF入力×1、BS/CS-IF入力×1、HDMI入力×3、D4入力×2、S2ビデオ入力×2、ビデオ入力×3、i.LINK×1、光デジタル音声出力×1、SDメモリーカード/MMCスロット
本体サイズ:幅177.3×奥行き16.0×高さ95.2cm|重量:81.4kg|予想実売価格:85万円前後


iVDR-Sを2台搭載可能な地上/BS/110度CSデジタル放送チューナー
「IV-R1000」

IV-R1000
IV-R1000
IV-R1000付属のリモコン
IV-R1000付属のリモコン

 IV-R1000は、iVDR-S用のiVポケットを2個装備する地上/BS/110度CSデジタル放送チューナー。地上/BS/110度CSデジタル放送チューナーは1系統。デジタルハイビジョン放送をiVDR-Sに直接録画できるほか、別のiVDR-Sに番組をムーブする、iVポケットを搭載するテレビ「Wooo 01」シリーズで録画したコンテンツを別のテレビで鑑賞する、といった利用が可能。

 また、カナダViXS Systems社のトランスコード/トランスレート技術「XCodeHD」を採用した「TSEモード」を搭載し、デジタルハイビジョン放送を無変換で録画するTSモードに比べて解像度/画質を保ったまま約2倍の長時間録画が可能という。

 入出力端子はHDMI出力、D4出力、S2ビデオ出力、ビデオ出力、光デジタル音声出力を各1系統搭載する。本体サイズは幅308×奥行き185×高さ64mm、重量は1.5kg。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン