このページの本文へ

アルプス製キースイッチ採用のメカニカルキーボード2モデルが販売開始!

2007年10月19日 21時45分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アルプス製キースイッチ採用のメカニカルキーボード「DFK192U-JP/UW-JP」が東京エンジニアリングから発売となった。

「DFK192U-JP/UW-JP」 アルプス製キースイッチ採用のメカニカルキーボード「DFK192U-JP/UW-JP」が東京エンジニアリングから発売。サイズは477(W)×173(D)×50(H)mmで接続はUSB(市販のUSB→PS/2変換コネクタも使用可能)

 製品は日本語108キータイプのメカニカルキーボード。キートップの文字盤に「レーザーマーキング」を採用し、通常のインク印字文字盤より文字が消えにくくなっているという。サイズは477(W)×173(D)×50(H)mmで接続はUSB(市販のUSB→PS/2変換コネクタも使用可能)。カラーリングがホワイトの「DFK192UW-JP」とブラック「DFK192U-JP」2モデル。価格はUSER’S SIDE本店で6279円となっている。

キー
日本語108キータイプのメカニカルキーボード。キートップの文字盤に「レーザーマーキング」を採用し、通常のインク印字文字盤より文字が消えにくくなっているという

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中