このページの本文へ

小型液晶搭載のロジクール製ゲーミングキーボード「G15」に二代目登場!

2007年10月30日 23時58分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ロジクールからゲーマー向けの「G(ゲーミング・グレード)」シリーズの新製品として、液晶パネル「GamePanel LCD」とマクロキーを搭載したゲーミングキーボード「G15 Gaming Keyboard」(型番:G-15S)が発売された。

「G15 Gaming Keyboard」 本体
ロジクールから液晶パネル「GamePanel LCD」とマクロキーを搭載したゲーミングキーボード「G15 Gaming Keyboard」(型番:G-15S)が発売

 本製品は一昨年発売された「G15 Gaming Keyboard」(型番:G-15)の省スペース化を図った小型モデルで、マクロキーを18個から6個に減らすことで、サイズは「G-15」の545(W)×225(D)×33(H)mmから、490(W)×220(D)×40)H)mmと横幅が一気に55mm縮小されているのが特徴。
 またキーに内蔵されたバックライトもブルーからオレンジに変更し、ゲームのスコアー/タイム/弾数などのゲームの情報や、チャットのテキスト、メールの着信、CPU/メモリーの仕様率、Media Playerの情報などを表示する液晶パネル「GamePanel LCD」もモノクロからバックライトと同じオレンジに変更されている。
 価格はクレバリー2号店で1万1523円(11月2日から販売)、アークで1万1800円、T-ZONE.PC DIY SHOPとTSUKUMO eX.で1万2800円(11月2日から販売)。なお、同製品はNHN Japan(株)が運営するポータルサイト「ハンゲーム」でプレイできるFPS(First Person Shooting)ゲーム「SPECIAL FORCE」(スペシャル フォース)の推奨機器として認定されている。初回出荷版には、ゲーム内通貨「3000SP」などの詰め合わせセット「1週間満喫セット」が同梱される。

オレンジの液晶パネル部 キーボードのオレンジバックライト
マクロキーを18個から6個に減らすことで、サイズは「G-15」の545(W)×225(D)×33(H)mmから、490(W)×220(D)×40)H)mmと横幅が一気に55mm縮小。キーに内蔵されたバックライトもブルーからオレンジに変更された

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中