このページの本文へ

ミヨシからトラックボール内蔵の2.4GHzワイヤレスキーボード登場!

2007年11月28日 23時30分更新

文● 宇田川

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ミヨシからトラックボールを内蔵した2.4HHz帯使用光学式トラックボールワイヤレスキーボード「Wireless Optical Trackball Keyboard」(型番:TK-24G03)が登場した。

「Wireless Optical Trackball Keyboard」(型番:TK-24G03) パッケージ
トラックボールを内蔵したミヨシ製2.4HHz帯使用光学式トラックボールワイヤレスキーボード「Wireless Optical Trackball Keyboard」(型番:TK-24G03)

 本製品は、本体右上部に分解能800dpiの19mm径光学式トラックボールを搭載したワイヤレスキーボード。2.4GHz帯を使用することにより最大10mの範囲で使用可能だ。
 また、8個のホットキーをはじめWindows Media Centerにも対応したマルチメディアキーなど合計21種類のマルチメディアキーを装備している。なお、レシーバーには小型USBドングルタイプが付属する。

薄型仕様 Windows Media Centerにも対応したマルチメディアキー トラックボール
本体右上部に解像度800dpiの19mm径光学式トラックボールを搭載し、8個のホットキーをはじめWindows Media Centerにも対応したマルチメディアキーなど合計21種類のマルチメディアキーを装備している。また、厚さが35mmと薄型仕様なっているもの特徴

 主な仕様は、レイアウトが103キー日本語レイアウト、キーピッチは18.9mm。本体サイズは、425(W)×150(D)×31.5(H)mm、重量が695kg(電池重量は除く)。電源は単3形乾電池×2本を利用する。対応OSは Windows Vista/XP/2000。価格はTSUKUMO eX.で9800円となっている。

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中