このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

んが!モザイクかけなくてもいいのか!? ワレ過ぎちゃって困るロケットガール!

2007年10月17日 23時30分更新

文● 藤山 哲人

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 今日はみなさんに悲しいお知らせをしなければなりません。
 「こどものじかん」の放送を見送っていた三重テレビが、本日づけを以って全話打ち切り(放送してないけど……)を決定しました。ゲーン!
 そのため、憎しみを持ってWebページのトップに赤い三重線で消されていた三重テレビの放映時間が完全に抹消され、顛末がいろいろ書かれていたスタッフブログもデリられてる!

 うはー!大人の世界は怖え~~~っ!

 ということで、放送2週目にしてようやく放送局が決定! チバテレビとKBS京都の2局のみである! あとはこの2局が6話で打ち切りとか言い出さないことを祈るのみである。

 全国の学校教諭! お前ら大人しくしておいてくれよ! 頼むぞ!

 ということで、本日の美少女フィギュア行ってみよう!

This is TAMPOPO Commander Youkari Morita.
I'll enter the transfer orbit,Now.

 本日のトップバッターは、女子高生アルバイト宇宙飛行士の森田 ゆかりちゃん。作品は筆者的には、大絶賛の「ロケットガール」である! コトブキヤラジオ会館店で、サンプル展示がはじまった。

全身 ウェストアップ
おお!似てるぞ! ロケットも標準装備らしい

 「ロケットガール」はその名の通り、宇宙に行く女の子の話。ただこじんまりとした宇宙ロケット開発のため予算が少なく、たまたまそこに居合わせた女子高生をアルバイトで採用し、宇宙に飛ばしちゃうという、なかなかに破天荒なストーリーだ。もちろん女子高生は、ズブの素人なので、宇宙飛行士になるまでの紆余曲折があり、喜怒哀楽のエピソードが盛り込まれている。
 この宇宙服もエピソードのひとつで、ボディーラインがバッチリ出る宇宙服を恥ずかしがるというシチュエーションだ。のわりに、前が大きくはだけてるのは、視聴者サービスってことで……。

逆サイドから見たところ 前からはだけた胸とお腹
宇宙服は劇中に登場したものとまったく同じ。ブラもつけていないところを見ると、どうやら裸の上に着るものらしい

 気になるのは、上の左側の写真である。身をくねらせたゆかりちゃんは股間を手で押さえ、その股ぐらには発射するロケット……。

 なんて、けしからん構図!

 筆者としては、ロケットの発射方向を逆向きにしてみたところである!

背中のバックパック まぁるいヒップが素敵だ!
背中のバックパックは船外活動用の生命維持装置。って、この服のまま宇宙に出ちゃうのだ!(笑)

 そして我々取材班は、宇宙服とボディーの隙間をスナイパーしてみる!

もう少しっ! あともう少しっ!!
くぅ~っ!見えネー! 見えそうで見えないという、実にストレスが溜まる造型となっている!

 ピンホールCCDカメラじゃなければ、これ以上奥を撮影することは困難! 無念である。
 ただお手頃サイズのバストと肋骨、そしてお腹のベジエ曲線は、マイ・ロケットが発射準備完了のデキとなっている。そして! この撮影中に気がついたのが、この衝撃的な写真だ!

背中からの観賞禁止だ!禁止っ!! なんか割れ過ぎ~~~~~っ!

 みんな落ち着け! これは宇宙服だぞ!

 にしても、割れ過ぎだろっ!

 筆者も危なくテポドンを発射しちまうところだったが、これは宇宙服である。決して肌色に塗って魔改造などせぬように! なお通常であれば、拡大写真をお届けするところだが、アレがナニだけに、勇気がないヘタレ筆者は拡大できなかった……。この記事が放送禁止になったら、困るのである!
 「ロケットガール 森田 ゆかり」は、クロノ∞ゲートより来年3月(え!半年先?)に発売される予定で、価格は未定となっている。
 ちなみにタイトルの英文は、OPの最後に流れる交信で、意味はこんな感じ。

 こちらは指令船タンポポの森田 ゆかり。トランスファーオービット(遷移軌道)に今乗りました。

なおトランスファーオービットとは、ある円軌道から別の円軌道に移動するための軌道のこと。ということで、地球の円軌道から、別の星へ旅立つ瞬間の交信だったというわけ。

(次ページへ続く)

前へ 1 2 3 4 5 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ