このページの本文へ

部屋を夏のリゾート気分に彩る

タカラトミー、ルームライト機能付き小型映写機『ヒーリングシアター UMINE』を発売

2007年08月08日 22時21分更新

文● 編集部 太田 渉

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)タカラトミーは8日、南国の海や森のゆらめきを室内に投影するルームライト機能付き小型映写機『ヒーリングシアター UMINE(ウミネ)』を9日に発売すると発表した。価格は8400円。

ライトアップイメージ

ライトアップイメージ

ヒーリングシアター UMINE

ヒーリングシアター UMINE

ヒーリングシアター UMINEは、内蔵された波の音や小鳥のさえずる声などに連動して、波のゆらめきや森の木漏れ日をイメージした光の波を投影する小型の映写機。“ビーチ(浜辺)”、“ディープシー(深海)”、“ドルフィン(イルカ)”、“フォレスト(森林)”という4種類のロケーション映像を用意しており、その日の気分に合わせて選択することが可能。そのほか、3.5mmステレオミニプラグでオーディオプレーヤーやパソコンと接続すれば、所持している好きな音楽に合わせてロケーション映像を投影することも可能。本体のドームカバーを外せば、青から緑へと色が変化していくルームライトとしても利用できる。

本体サイズは幅約150×奥行き約150×高さ約200mm、重量は約600g。単2形乾電池×4本を利用し、約8時間の連続稼動が可能。対象年齢は15歳以上。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ