このページの本文へ

800通り以上のカスタマイズができる

タカラトミー、立体カードのチョロQ『チョロQデッキシステム』を発売

2007年06月07日 15時54分更新

文● 編集部 太田 渉

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)タカラトミーは7日、ゼンマイを搭載して自走するデフォルメミニカー“チョロQ”の新シリーズとして、800通り以上のチョロQが組み立てられる『チョロQデッキシステム』を30日に発売すると発表した。価格はスターターキットが682円、各カード単品が262円、専用コースセットが3990円。

チョロQデッキシステム 組み立てイメージ
チョロQデッキシステム組み立てイメージ

チョロQデッキシステムは、チョロQをボディー部分、ゼンマイを搭載したリア部分フロント部分3パーツに分割し、各パーツを“ボディカード”“リヤカード”“フロントカード”の3種類の立体カードとした新しいチョロQ。3枚の立体カードを重ねて枠組みから取り外すだけでチョロQを組み立てられ、マシンを枠組みに戻せば立体カードに分解することも可能なのが特徴。従来までのチョロQと同様に、プルバックでの走行が行なえる。

第1弾として発売される立体カードは、各種1枚ずつのセットになったスターターカードが6種、ブースターカードが各3種ずつで、同時に発売される専用コースセット『デッキシステム オフィシャルボックス』に限定リヤカードが1枚付属される。また、従来のチョロQも専用バンパーを装備すれば専用コースで走行可能となる。逆にチョロQデッキシステムのマシンも、専用シャーシを装備すれば従来のチョロQのコースで走行できる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン