このページの本文へ

週替わりギークス第143回

副業が気になる人に 働き方を変えるための3つのポイント

2019年10月01日 17時00分更新

文● 正能茉優 編集● 上代瑠偉/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
まろん大学の様子。日に日にかっこよくなる、まちを歩く学生たち。いつの間にか先生の私より、まちの人と仲良くなっています。

 読者の皆さん、こんにちは! 正能茉優です。

 今月も、大学時代に立ち上げたハピキラFACTORYの社長と、ソニーの会社員、そして慶應義塾大学大学院の特任助教と、3つのお仕事をしています。

 ハピキラFACTORYでは、年末のお歳暮の仕事が本格的に始まりました。早いもので、実は今年も終わりに向かっているのだなあと感じる、そんな秋の始まりです。

 さて、この連載では、働き方改革が進むこの時代、会社や組織に関係なく「個人」で新しい働き方を実現する方法や、その時の考え方について、考えています。

 今回のテーマは「働き方を変えるチャレンジを生むコツ」について。

 慶應義塾大学大学院の特任助教として、学生たちと新しい“しごとづくり”にチャレンジする「新事業創造プログラム」を始めて、早2年(うち半年は「慶應義塾大学SFC研究所 上席所員」という形でしたが……) 。

 今回は、日々学生たちと向き合う中で見えてきた、実際に働き方を変えていくチャレンジを始める3つのポイントをご紹介したいと思います。

好きな働き方ができる選択肢を持つ必要がある

町長にまちについてレクチャーしていただくことも。この日のテーマは「国道はどうあるべきか」。

 「働き方改革」にともない、働き方や生き方に関する情報が増え続けている、ここ数年。

 いろいろな働き方をする人のインタビューやイベントが世に溢れ、働き方に関する情報に出会う機会も増えています。自ずと「こんな働き方をしてみたい!」や「自分も副業とかするのかな?」と漠然と考えて、世に出ようとする学生に会う機会も増えました。

 しかし、彼らの様子を見ていると、実際はほとんどの学生の「就職活動」に大きな変化がないのも実情です。もちろん、社会の仕組みやルール、一般常識が変わるのを待つという選択肢もあります。

 でも、私たちの人生は待ってくれません。嫌でも卒業の時期はくるし、仕事を始めるタイミングは来る。

 そう考えたとき、好きな働き方ができるような選択肢を、社会の状況とは関係なく、学生自身が自らの手で持てるようになる必要があるのではないか。

 そう考えて、慶應義塾大学大学院の特任助教として始めたのが「長野県小布施町における新事業創造プログラム」、通称「まろん大学」です。まろん大学では、学生たちの好きなことや得意なことを、まちの困りごとと掛け合わせることで、事業化することにチャレンジしています。

この連載の記事

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!