このページの本文へ

こだわり部隊の本音「ジサトラ 完全版」第59回

まだSATA2.0 SSDで頑張っている諸君に告げたい

8年前のSSD「X25-M」と最新モデル「545s」の悲痛な差

2017年10月24日 12時00分更新

文● ジサトライッペイ/今週の研究員

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
お掃除していたらでてきた「X25-M」。今はなきT-ZONEで2万900円で購入したもの。34nm MLCを採用し、前世代(80GBで8万円前後)から大幅に値下がったことで一気に自作PC市場にSSDを普及させた、ブームの火付け役です。

 どもどもジサトライッペイです。PCパーツの整理をしていたら2009年に発売したIntel SSD「X25-M」(型番:SSDSA2MH080G2C1)を発見。この頃は80GBでも2万円以上もしていたのがなつかしいです。インターフェースもSATA2.0(3Gbps)と、時代を感じます。

 というわけで、今回は現在主流のM.2 SSDとSATA3.0(6Gbps)の最新インテルSSDと比べてみました。SSDの性能がこの8年でどれぐらい変わったのかが見所です。

今週の研究員

イッペイ
 毎年この時期は死ぬほど忙しく、FF14もポケモンGOもIngressも遊ばなくなっちゃいました。週一の銭湯とジャンプだけが楽しみの生活に乾杯。

この連載の記事

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!