このページの本文へ

MCコジマのカルチャー編集後記第156回

ゼルダ新作で「チュートリアル」について考える

2017年03月07日 08時00分更新

文● コジマ/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 前回に引き続き、「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」の話を。

■Amazon.co.jpで購入

 昨今のゲームでは、「チュートリアル」がとても大事です。もちろん、ここ最近で導入された概念というわけではないのですが、ダウンロード販売も当たり前になり、説明書をじっくり読むという習慣も薄れつつあるにもかかわらず、複雑化する操作とボリュームを増しがちな内容を考えれば、チュートリアルの必要性はいわゆる「レトロゲーム」時代よりも増しているでしょう。

 まあ、ファミリーコンピュータ以前のゲームは、説明書があるにしても操作や目的などがわかりにくすぎる内容のものも多く、チュートリアルがどうとか言っている場合ではない、というケースもあったわけですが……。

 筆者の私見ですが、任天堂のゲームは、このチュートリアルをなかなか見事にこなしているものが多いと感じていました。「ブレス オブ ザ ワイルド」も例外ではありません。

この連載の記事

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!