• Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード
注目の特集

イベントレポート

アクセスランキング

週刊アスキー最新号

  • 週刊アスキー特別編集 週アス2024August

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

MITテクノロジーレビュー

乗馬ブラザーズのこころは意外と使えそう!

やることは3つ!『DQウォーク』1日限定のエイプリルフールイベントレポをお届け

2024年04月01日 15時15分更新

文● Zenon/ASCII

 スクウェア・エニックスは4月1日、位置情報RPG『ドラゴンクエストウォーク』(以下、DQウォーク)のエイプリルフールイベントとして、「スラミチチャンピオンシップ ~導かれし競走馬たち~」を開催した。イベントの期間は、2024年4月1日23時59分まで。

 1日限定のイベントとなるので、まだやっていない人は急いで消化しよう。以下ではそのレポートをお届けするので、後日見逃した人は本記事を参照して振り返ってほしい。

 なお、ASCII GAMESでは現在、本作のプレイ日記を毎週金曜日に掲載中。こちらもあわせてチェックしてもらいたい。

●マッスルアニマルは守り人が超オススメ!ギガモン2週目はボーナス行動が変更【『DQウォーク』プレイ日記#86】
https://ascii.jp/elem/000/004/191/4191418/

今年は競馬だ!

 『DQウォーク』では毎年なにかしら仕込んでくる4月1日のエイプリルフールイベント。今年も0時の日付が変わった段階でイベントが開始していた。

 題して超大型イベント「スラミチチャンピオンシップ ~導かれし競走馬たち~」。現在開催中の4.5周年記念イベント「そして馬車はゆく」にちなんで、競馬をモチーフにしたイベントとなっている。やることは以下の3つ。順に紹介していこう。

①イベントクエスト視聴
②イベントモンスター「乗馬ブラザーズ」討伐
③特別メガモンスター「乗馬天ブレア」討伐

馬車の御者台にプレイヤーが乗っている絵面を見られるのも今だけ

イベントクエスト視聴

 見るだけで報酬がもらえるイベントクエストをまずはクリアしておこう。勢いのあるエフェクトや実際の競走馬にちなんだネーミングなど、思わず笑ってしまう出来となっていた。

乗馬ブラザーズ。ライドンシップ、シニガミテイオー、ボーンジェネシスが相手に

馬車を引きながら走るタマは、馬名「タマノミチビキ」として出走する

乗馬天ブレアが駆る「アイサンサンデー」。彼の使う技「哀・燦々」を馬の名前のモチーフにしている

タマノミチビキとのデッドヒート! 最後に勝つのはどっちだ!?

ジェム410個など美味しい報酬がもらえる。うまのふんは……とくに使い道はないのでそっとしておこう

イベントモンスター「乗馬ブラザーズ」討伐

 本日限定でイベントスポットモンスター「乗馬ブラザーズ」が出現中。強さはそれほどでもないので、普通の狩りパーティーで倒せるだろう。

3体別々のモンスターとしてモンスター図鑑に登録される。図鑑の色を虹にするには、10体倒す必要がある

幸い、倒すとこころA以上は確定で手に入る模様

Sの性能がこちら。すばやさ「141」はコスト41としては破格なので、コスト制限クエストのためにもできれば4個ゲットしておきたい

シークレットミッションも10体討伐でクリア。限定家具がもらえる

特別メガモンスター「乗馬天ブレア」討伐

 あの壮絶な戦いの記憶も新しい、四天王ブレアがシュールな格好で登場。メガモンスターとしては記念大王スライムのようなもので、討伐手形の消費はなし、ほぼ必ず勝てる仕様となっていた。

推奨レベルは基本職41で、★1の難易度。経験値が欲しいパーティーで戦おう

わざわざ1日限定のために新グラフィックのボスを用意してくれるなんて、力が入ってるぅ!

 乗馬天ブレアは、馬に関するクイズを出してくる。こちらの攻撃はすべて無効化されるものの、最終的にはぎっくり腰で自滅するので安心して眺めていよう。以下、ブレアのメッセージをまとめていく。

 「馬車を持っていた人物の名前は?」の回答を聞く前に終了。恐らく正解は『ドラゴンクエストIV 導かれし者たち』で馬車をゆずってくれる「ホフマン」かと思われる。

報酬は見た目装備「馬のきぐるみ」

 以上、2024年版エイプリルフールイベントのレポートをお届けした。参考にしてもらえれば幸いだ。

 

【ゲーム情報】

タイトル:ドラゴンクエストウォーク
ジャンル:位置情報RPG
プラットフォーム:iOS/Android
配信日:配信中(2019年9月12日)
価格:基本プレイ無料(アイテム課金型)

<制作スタッフ>
ゼネラルディレクター:堀井雄二氏
キャラクターデザイン:鳥山明氏
音楽:すぎやまこういち氏
開発:コロプラ
企画・制作:スクウェア・エニックス

※画面は開発中のものです。
※開催期間や内容は予告なく変更することがあります。
※詳細はゲーム内お知らせをご確認ください。
※『ドラゴンクエストウォーク』を遊ぶ際は、周囲の環境に十分気を付けてプレイしましょう。
※『ドラゴンクエストウォーク』は安全に遊んでいただくための機能「ウォークモード」を搭載しております。「ウォークモード」に 設定することでスマートフォンの画面を操作しなくても、周囲のモンスターと自動的にオートバトルが実行されます。また、モンスターとのバトル以外にも、近づいたかいふくスポットにも自動で触れるため、HPやMPの回復も自動的に行なわれます。

この記事をシェアしよう

ASCII.jpの最新情報を購読しよう