• Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード
注目の特集

イベントレポート

アクセスランキング

週刊アスキー最新号

  • 週刊アスキー特別編集 週アス2024July

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

MITテクノロジーレビュー

みかわし率を上げてくる難敵

『DQウォーク』コラボ第5章が配信!新メガモンスター「ミストバーン」襲来

2022年12月26日 19時55分更新

文● Zenon/ASCII

 スクウェア・エニックスは12月26日、位置情報RPG『ドラゴンクエストウォーク』(以下、DQウォーク)の公式Twitterにて、開催中のイベント「ドラゴンクエスト ダイの大冒険イベント -竜(ドラゴン)の騎士編-」の第5章を開始したと発表。イベント全体の期間は、2023年1月17日14時59分まで。

 本日より新たなメガモンスター「ミストバーン」が登場しているほか、超高難度クエストにも挑めるようになっている。

 なお、ASCII GAMESでは現在、本作のプレイ日記を毎週金曜日に掲載中。こちらもあわせてチェックしてほしい。

●勇者の剣もワンチャン来るか!?破格の端末「POCO F4 GT」でレベリングも再開【『DQウォーク』プレイ日記#21】
https://ascii.jp/elem/000/004/118/4118522/

「ダイの大冒険イベント -竜の騎士編-」第5章開催!

 力をあわせ、バランとの死闘を制したダイたち。次に待つのはさらなる危機か、あるいは希望か。

■ミッションクエストを進めよう

 イベントポータルからミッションクエストを開始し、フィールドスポットを巡ってミッションを達成しよう。条件を満たせばクエストクリアになるので、新たなクエストを進めよう。クリアするとジェム計500個や、「ダイのこころ」を受け取れる。

 第5章時点で入手可能な「ダイのこころ」を集めれば、Sランクのこころにグレードアップが可能だ。イベント全体の期間は2023年1月17日14時59分までなので、忘れずにSまで成長させておこう。

ダイのこころ

■メガモンスター「ミストバーン」登場

 新たなメガモンスターとして、「ミストバーン」が登場。みんなで力をあわせて挑戦しよう。ミストバーンの出現期間は、2023年1月24日14時59分まで。

「ビュートデストリンガー」による物理多段ダメージが痛い。デインとイオが超弱点であることを確認したほか、みかわし率をアップするので「きあいため」で必中にするか、呪文主体で攻めたいと感じた

こころの色は紫

系統は????系。アンルシアのこころが再び活躍する相手のようだ

■超高難度クエスト登場

 「ダイの大冒険イベント -竜(ドラゴン)の騎士編-」に超高難度クエストが登場。そうび、こころ、心珠をそろえて挑戦しよう。開催期間は、2023年2月28日14時59分までとなる。

クリアすると限定称号「竜の騎士」と、200万ゴールドがもらえる

■竜の騎士メダル交換所に新たなアイテム追加

 期間限定の「竜の騎士メダル交換所」に新アイテムが追加。バトルやかいふくスポットなどから入手できる「竜の騎士メダル」を集めて、イベント限定家具と交換しよう。交換期間は、2023年1月24日14時59分までとなる。

家具「ミストバーンの置物」

※開催期間や内容は予告なく変更することがあります。
※詳細はゲーム内お知らせをご確認ください。

 

【ゲーム情報】

タイトル:ドラゴンクエストウォーク
ジャンル:位置情報RPG
プラットフォーム:iOS/Android
配信日:配信中(2019年9月12日)
価格:基本プレイ無料(アイテム課金型)

<制作スタッフ>
ゼネラルディレクター:堀井雄二氏
キャラクターデザイン:鳥山明氏
音楽:すぎやまこういち氏
開発:コロプラ
企画・制作:スクウェア・エニックス

※画面は開発中のものです。
※開催期間や内容は予告なく変更することがあります。
※詳細はゲーム内お知らせをご確認ください。
※『ドラゴンクエストウォーク』は、Google Maps Platform gaming solutionを使用しています。
※『ドラゴンクエストウォーク』を遊ぶ際は、周囲の環境に十分気を付けてプレイしましょう。
※『ドラゴンクエストウォーク』は安全に遊んでいただくための機能「ウォークモード」を搭載しております。「ウォークモード」に 設定することでスマートフォンの画面を操作しなくても、周囲のモンスターと自動的にオートバトルが実行されます。また、モンスターとのバトル以外にも、近づいたかいふくスポットにも自動で触れるため、HPやMPの回復も自動的に行なわれます。

この記事をシェアしよう

ASCII.jpの最新情報を購読しよう