このページの本文へ

山根博士の海外モバイル通信 第621回

Galaxy Budsも着せ替えしたい! 韓国で売ってる楽しいTWSのカバー

2022年11月01日 12時00分更新

文● 山根康宏 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

3年ぶりのソウルのサムスンストア(ホンデ)

日本の超有名アニメとコラボも!
遊び心満載のスマホ&Budsカバーたち

 10月末に3年ぶりに韓国を訪れました。一番の目的はサムスン電子のお店がどんな状況になっているかの視察。折りたたみスマートフォンも韓国は他の国より普及率が高いですし、LGエレクトロニクスが不在になり、サムスン1強となった韓国がどう変わったかも気になっていたのです。

サムスンのお店は折りたたみスマホ一押し

 サムスンのお店といえばソウル、カンナムにあるサムスン電子本社地下の「Samsung d'light shop」、そして韓国各都市には家電も含むサムスンの全製品を扱う「サムスンデジタルプラザ」があります。今回は昨年新都心にできたThe Hundai(ザ・ヒョンデ)にあるデジタルプラザや、大学の街であるホンデ(弘大)の同プラザを訪問しました。ホンデの店はよく訪れましたが、店内にカフェが併設されているなど大幅にリニューアルされており、Galaxy Z Fold4/Flip4などをじっくり触ることもできました。

ホンデのサムスンデジタルプラザにはカフェができていた

 さてスマートフォンも気になるのですが、店内の目立つ場所にかわいらしいデザインの容器のようなものが置いてあります。女性の来客が楽しそうに選んでいるなど、これは何かのアクセサリーのようです。

女性客が注目する小型の容器状のアクセサリー

 これは実はサムスンのTWS、ワイヤレスイヤホン「Galaxy Buds2/Pro」のケースに装着するカバー。AirPodsを使っている人ならわかると思いますが、TWSもケースをそのまま持ち運ぶと傷がつきやすいですし、せっかくならカバーをつけて着飾りたいもの。この手のアクセサリーはとにかくアップル製品向けはサードパーティーから様々なものが発売されています。韓国ではサムスンが自社製品向けにBudsカバーを出しているというわけです。

さすが本国、Budsのカバーまで売っている

 Galaxy Budsのケースは四隅が丸い正方形。その形状を生かしたカバーがいろいろ出ています。キャラクターやブランドとコラボしたものもあって、ポケモンのあのボールの形状のものもありますね。その下に見える透明っぽいのは韓国人なら誰でも知っている、国民的なミネラルウォーター「サンダス」。また左のHIBROWもバッグメーカーで、韓国では有名なブランドのようです。

モンスターボール型もあるBudsケースのカバー

 試しにHIBROWのカバーを開けてみると、このようにGalaxy Buds2 Proが出てくるというわけ。ちょっとかさばるものの毎日楽しく持ち運べそうですよね。

カバーを開くとケースごと開き、イヤホンが現われる

 日本でも出してほしいものの、版権やら販売数を考えると「日本オリジナルBudsカバー」は難しそう。でも飛行機型のカバー(大韓航空)を日本の航空会社バージョンにするなど、このまま今すぐにでも出せそうですよね。

様々な形状のカバーがある

 個人的にいいなと思ったのはペプシのカバー。これをテーブルの上に置いておいたら、「ペプシの缶詰なんてあるの?」って思われそう。この中にTWSが入っているなんて誰も想像がつかないでしょうね。

ペプシの缶詰のようなカバー

 またGalaxy Z Flip型やマカロン型も気になります。Galaxy Z Flip3 5G/Flip4を使っている人はこれオススメ。これだけでも日本で出してほしいかも。

Galaxy Z Flip型カバーは日本でも売れると思う

 こちらは韓国の昔のサムスンケータイやポケベル型カバー。これは確か初代Galaxy Budsの時に出たような気がします。この手の懐かしの製品をカバーで蘇らせるってのもなかなか面白いことをやってくれます。

昔のサムスンケータイは「Anycall」ブランドだった

 3年前はBudsケースカバーなんてほとんど見かけませんでした。サムスンの動向や新製品を知るにはやはり定期的に韓国に行かねばなりませんね。Galaxy Z Fold4やFlip4の限定バージョンも韓国ではよく出ているだけに、年内に再び韓国に行ってこようと思っています。

韓国限定販売のGalaxy Z Flip4ブランドコラボモデル

山根博士のオフィシャルサイト

「スマホ好き」を名乗るなら絶対に読むべき
山根博士の新連載がASCII倶楽部で好評連載中!

 長年、自らの足で携帯業界を取材しつづけている山根博士が、栄枯盛衰を解説。アスキーの連載「山根博士の海外モバイル通信」が世界のモバイルの「いま」と「未来」に関するものならば、ASCII倶楽部の「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」は、モバイルの「過去」を知るための新連載!

 「アップルも最初は試行錯誤していた」「ノキアはなぜ、モバイルの王者の座を降りたのか」──熟練のガジェットマニアならなつかしく、若いモバイラーなら逆に新鮮。「スマホ」を語る上で絶対に必要な業界の歴史を山根博士と振り返りましょう!

→ASCII倶楽部「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」を読む

ASCII倶楽部は、ASCIIが提供する会員サービスです。有料会員に登録すると、 会員限定の連載記事、特集企画が読めるようになるほか、過去の映像企画のアーカイブ閲覧、編集部員の生の声を掲載する会員限定メルマガの受信もできるようになります。さらに、電子雑誌「週刊アスキー」がバックナンバーを含めてブラウザー上で読み放題になるサービスも展開中です。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン