このページの本文へ

映像編集に特化しまくったBTOデスクトップPCをレビュー

アドビ製ソフトなどのプロジェクトファイルと検証方法を無償公開!クリエイター向けPC、Lepton Motion Pro Z690の本気度がスゴイ

2022年09月24日 10時00分更新

文● 宮里圭介 編集●ジサトライッペイ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

カスタマイズしなくても満足できるスペック
サイコムの「クリエイター向け」は伊達じゃない

 クリエイター向けPCは高性能なPCパーツで構成されることが多く、どうしても高価になりがちだ。すると、少しでも安く見せようとして、メモリーやストレージの容量を減らす。あるいは、CPUのグレードを落とす、ビデオカードを外すといったモデルも出てくる。その結果、ほかの選択肢と比べて安いからと購入したけど、実は最低限押さえておかなければいけないところがおざなりで追加投資で……なんてことになりかねない。

 もちろん、BTOパソコンなら自分でスペックを変更できるので、購入時に注意してカスタマイズすればいい話ではある。しかし、これからクリエイティブな趣味を始めるというPC初心者が、自分の用途に見合ったメモリーやストレージの容量、あるいはCPUやGPUの性能に明るいかと言えば、そんなことは稀だろう。

 その点「Lepton Motion Pro Z690」の標準構成はよく練られている。CPUには12コア/20スレッドのCore i7-12700K、メモリーは32GB、ストレージは1TBのNVMe SSDと、クリエイター向けPCに求められる最大公約数的なスペックだ。ビデオカードもGeForce RTX 3060搭載モデルで、おおよそのハードウェア支援機能が使えるので、標準構成をそのまま購入しても安心だ。

高性能なCore i7-12700Kや32GBのメモリーを搭載するなど、カスタマイズしなくても満足できるスペックを実現している

 もちろん、この構成では物足りないと判断できる人は、カスタマイズすればOK。CPUは16コア/24スレッドのCore i9-12900/12900Kに変更できるし、メモリーを128GBにしたいという要望にも応えてくれる。また、ゲームをもっと快適にプレイしたい場合は、ビデオカードのカスタムもアリだろう。本機なら、現行ハイエンドのGeForce RTX 3090 Tiまで選べる。

 なお、クリエイター向けPCということもあって、ビデオカードは一般的なGeForceシリーズ以外に、プロ向けのNVIDIA RTX A5000なども用意。つまり、初心者でも後悔しづらい標準構成で、玄人でも満足のいくカスタマイズメニューもある、という非常に考えられたモデルだと感心してしまう。

BTOメニューの一例。CPUやビデオカードの変更のほか、メモリーやストレージの増量も幅広い選択肢の中から選べる

 メインストレージのSSDは最大で2TBまで選べるが、これでも足りない人は増設できる。メインと合わせて最大3台まで搭載できるので、たいていの用途で足りなくなることはないだろう。

 逆に、スペックを下げて価格を抑えることもできる。例えば、ストレージは手持ちの大容量SSDをデータドライブとして運用するから、システムドライブは500GB SSDで十分と割り切る……なんてことも。サイコムのBTOパソコンは基本的にメニューが豊富なので、こうした自分だけの細かな事情に寄せられる点がありがたい。

カテゴリートップへ