このページの本文へ

映像編集に特化しまくったBTOデスクトップPCをレビュー

アドビ製ソフトなどのプロジェクトファイルと検証方法を無償公開!クリエイター向けPC、Lepton Motion Pro Z690の本気度がスゴイ

2022年09月24日 10時00分更新

文● 宮里圭介 編集●ジサトライッペイ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ストレージの増設は簡単でインターフェースも充実

 PCケース内は一見するとSSD/HDDを増設できるベイがないように見えるが、3.5インチベイは上部の電源ユニット設置スペース手前にある。さらに増設したい場合は、マザーボードの裏側にある3つの2.5インチベイを利用するといいだろう。どちらのベイも裏配線しやすい場所なので、自分で増設する時もラクなはずだ。

マザーボードの裏側に2.5インチベイを3つ用意

 タワー型PCということで、インターフェースは充実している。標準構成のマザーボードはMSIの「PRO Z690-A DDR4」で、10Gbps対応のUSB 3.2 Gen 2(Type-A)、20Gbps対応のUSB 3.2 Gen 2x2(Type-C)まで装備している。また、有線LANは2.5GbEと高速で、1000BASE-T環境から脱却したいと考えている人にはうれしい仕様だ。

高速なUSB 3.2 Gen 2x2や2.5GbE有線LANに対応

 フロントインターフェースはUSB 3.2 Gen 1(Type-A)2基、USB 3.2 Gen 2(Type-C)、ヘッドフォン出力、マイク入力といった堅実な構成。USBメモリーなどふだんよく着脱するものなどで活用しよう。

USBはType-Aだけではなく、最近周辺機器が増えているType-Cも使える点がいい

 というわけで、Lepton Motion Pro Z690は見た目のデザインはもちろん、CPUクーラーなどのPCパーツ選定のこだわり、組み立ての美しさ、インターフェースの使い勝手まで、よく考えられた1台と言える。

カテゴリートップへ