このページの本文へ

山根博士の海外モバイル通信 第615回

ベルリンで限定オープンしていたGalaxyポップアップストアを訪問してきた

2022年09月10日 12時00分更新

文● 山根康宏 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ベルリンに期間限定オープンしたGalaxy Zシリーズのポップアップストア

 サムスン電子の折りたたみスマートフォン「Galaxy Z Fold4」「Galaxy Z Flip4」は世界各国で8月から順次販売が始まっています。9月2~6日まで開催されたIFA2022の取材で訪れたドイツ・ベルリンではGalaxy Zシリーズをフィーチャーしたポップアップストアが期間限定でオープンしていたので訪問してきました。

Galaxy Z Fold4、Galaxy Z Flip4を中心とした展示

 ポップアップストアはベルリンのカルチャースペース「POP Kudam」を貸切っての営業。店内には豊富な数のGalaxy Z Fold4、Galaxy Z Flip4を展示しています。訪問日は平日の昼間でしたがコンスタントにお客さんが訪れていました。Galaxy Z Fold4を見に来ている人はGalaxy Z Fold3 5Gユーザーが多いようで、自分の端末とGalaxy Z Fold4を比べたり機能の違いを確認していました。買い替えサービスを使えば比較的安価にアップグレードできるとあって、乗り換えを検討している人も多いようです。

完成度が高まったGalaxy Z Fold4

 一方、Galaxy Z Flip4を見に来た人は初めての折りたたみデビューという人が多いようで、開閉操作や閉じたときの持ち具合などを試す姿がよく見られました。ドイツもほかのヨーロッパ諸国同様にGalaxyユーザーが多いため、次の乗り換え先としてGalaxy Z Flip4を考えている人も多いのでしょう。折りたためるスマートフォンというのは多くの人にとって未知の世界だけに、繁華街にポップアップストアを開き実体験してもらうことはいいプロモーションになるはずです。

Galaxy Z Flip4は一般的な人向けの次世代スマホ

 Galaxy Z Flip4を手にした人の多くが気にしていたのが本体の保護。折りたたみスマートフォン用のケースというものも見たことがないだけに、展示されているケースを誰もが試していました。

Galaxy Z Flip4用のケースも展示

 ポップアップストア内にはサムスン製のゲーミングモニターを使ったゲームコーナーやNFTアート展など、ショッピングの合間にちょっと立ち寄るのにちょうどよい規模の展示が行なわれていました。それほど広いスペースではありませんが、新製品の魅力を伝えるいい展示内容だったと感じました。

NFTアートの展示もあった

 スマートフォン以外には360度折り曲げられるノートPC「Galaxy Book2 Pro 360」や、小型の円筒形で設置場所を選ばないポータブルプロジェクター「The Freestyle」なども展示されていました。Galaxy Z Fold4をFreestyleにつないで壁に映画を投影する、なんて使い方も楽しそう。ノートPCがあったのは9月からの新学期シーズンに合わせてなのかもしれません。

Galaxy Book2 Pro 360

The Freestyle

 ところでGalaxy Z Flip4には前モデル同様に本体パネルをカスタムカラーで注文できる「Bespoke Eition」も一部の国で提供されます。Bespokeはサムスンのデザイン家電シリーズで、冷蔵庫などのパネルを好みの色の組み合わせにできる製品です。Galaxy Z Flip4もその同じシリーズとして本体の表、裏のパネル、さらにフレームカラーを選んで70種類以上の中から自分好みのモデルをオーダーできます。ポップアップストアにはBespoke Editionを展示する専用コーナーもあり、代表的なカラーバターンを9種類展示。これだけでもカラバリの多さはほかのスマートフォンを大きく引き離しています。

Bespoke Editionの展示エリア

 サムスンは日本でまだBrespoke家電を展開していませんが、Galaxy Harajukuで限定受付するなどしてぜひ日本にも投入してほしいもの。好みの色のスマートフォンを使いたいというニーズは日本でも十分あるでしょうから、期待したいですね。

IFA2022サムスンブースにあったBespoke Editonのカラーカスタム注文デモ

山根博士のオフィシャルサイト

「スマホ好き」を名乗るなら絶対に読むべき
山根博士の新連載がASCII倶楽部で好評連載中!

 長年、自らの足で携帯業界を取材しつづけている山根博士が、栄枯盛衰を解説。アスキーの連載「山根博士の海外モバイル通信」が世界のモバイルの「いま」と「未来」に関するものならば、ASCII倶楽部の「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」は、モバイルの「過去」を知るための新連載!

 「アップルも最初は試行錯誤していた」「ノキアはなぜ、モバイルの王者の座を降りたのか」──熟練のガジェットマニアならなつかしく、若いモバイラーなら逆に新鮮。「スマホ」を語る上で絶対に必要な業界の歴史を山根博士と振り返りましょう!

→ASCII倶楽部「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」を読む

ASCII倶楽部は、ASCIIが提供する会員サービスです。有料会員に登録すると、 会員限定の連載記事、特集企画が読めるようになるほか、過去の映像企画のアーカイブ閲覧、編集部員の生の声を掲載する会員限定メルマガの受信もできるようになります。さらに、電子雑誌「週刊アスキー」がバックナンバーを含めてブラウザー上で読み放題になるサービスも展開中です。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン