このページの本文へ

篠原修司のアップルうわさ情報局 第971回

開発者が情報源か:

アップル「iPhone 14」価格は予想外の方向に?

2022年09月06日 09時00分更新

文● 篠原修司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 8月29日、iPhone 14についての様々な情報が韓国のブログNaverユーザーのyeux1122氏によってリークされている。

 同氏はアメリカに住む開発者からの情報として、iPhone 14について次のようにまとめている。

  • A16チップは排熱管理に成功したのか、開発版より性能が向上している
  • iPhone 14のカラーはグリーン、パープル、ブルー、ブラック、ホワイト、レッドの6種類
  • iPhone 14 Proのカラーはグリーン、パープル、シルバー、ゴールド、グラファイドの5種類
  • チタン製のiPhone 14は存在していたが、コストと製造プロセスの問題により中止された
  • ストレージ容量は128GBから。2TBモデルはない
  • 開発者の意見ではパンチホールはノッチよりも好まれるというものが多い
  • Gorilla Glass Victusを採用
  • 有線での30W高速充電に対応。ただしワイヤレス充電速度に変化はない
  • MagSafeの磁力がさらに強力に。専用アクセサリーも登場する
  • 価格は予想とまったく異なる方向かもしれない
  • バッテリーは小さい数字ながらも増加

 目玉となるリークはやはり価格だろうか。「予想とまったく異なる」となると、現在は値上げが予想されているため値下げということになる。

 iPhone 14、値下げして欲しい。

   

筆者紹介:篠原修司

1983年生まれ。福岡県在住のフリーライター。IT、スマホ、ゲーム、ネットの話題やデマの検証を専門に記事を書いています。
Twitter:@digimaga
ブログ:デジタルマガジン

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中