このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

iPhone 14徹底大特集 Plus復活にカメラ超強化のProも大注目! 第2回

iPhone 14 Plusが登場!? 価格は? iPhone 14直前勝手予想&注目ポイントまとめ

2022年09月07日 09時00分更新

文● オカモト/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 今日7日深夜、8日未明(日本時間8日2時)に開催される「Apple Event」。当然に新型iPhone、つまりiPhone 14が発表されることが予想される。

 そこであらためて、iPhone 14について勝手に予想(妄想)をすするとともに、注目ポイントやiPhone以外の要素についてもまとめた。

【Apple Eventの注目点 その1】
iPhone 14はminiがなくなって、Plusが久々に復活する?

 まず製品名だが、13を普通に使った以上、素直に「iPhone 14」となりそうだ。

コンパクトさが話題だったiPhone 13 miniの後継機はもう出ないのだろうか……?

 現在ささやかれているのは、世界的に見ると販売的に苦戦しているminiの終了(iPhone 13 mini自体は継続販売?)。そして、Proが付かない無印に大画面モデルが追加される点。となると、以下の構成になるのだろうか? iPhone 8 Plus以来の「Plus」の復活はあるか!

・iPhone 14(6.1型)
・iPhone 14 Plus(6.7型)
・iPhone 14 Pro(6.1型)
・iPhone 14 Pro Max(6.7型)

【Apple Eventの注目点 その2】
お値段はどうなる? iPhone 14は変わらずに799ドルから?

 続いて気になるのがお値段! コロナ禍が一段落しても引き続き、部材不足、流通不全、中国でのロックダウン、物価高騰、そして日本にとっては円安と、コスト的にはネガティブな要素で一杯だ。

 まず、アメリカ本国をベースに考えると、iPhone 14がiPhone 13と同じ799ドルで留まるかどうか。大画面のiPhone 14 Plusは当然それより高くなると予想できるので899ドル?

 iPhone 13 Pro/Pro Maxは999ドル、1099ドルだが、物価高騰&iPhone 14 Plusが登場するならば、50ドルアップして1049ドル/1149ドル、もしくは100ドル以上の値上げでも全然おかしくない。

 なお、iPhone 14が799ドルだとしても、iPhone 13は現在11万7800円で、「1ドル=140円」で計算すると、さらに価格は上昇して12万2800円あたりか(昨秋は9万9800円だったのだが……)。iPhone 14 Proは1049ドルからだとすると、16万円オーバーになりそう。なんとも円安がうらめしい。

iPhone 13シリーズの米国での価格(税抜)

  128GB 256GB 512GB
iPhone 13 mini 699ドル 799ドル 999ドル
iPhone 13 799ドル 899ドル 1099ドル
  128GB 256GB 512GB 1TB
iPhone 13 Pro 999ドル 1099ドル 1299ドル 1499ドル
iPhone 13 Pro Max 1099ドル 1199ドル 1399ドル 1599ドル

【Apple Eventの注目点 その3】
iPhone 14はどんなデザイン変更? ノッチが小さくなる?

 筐体変更のパターンを踏襲すると、今年は変更がある年と言える。iPhone 13で気になるのはやはりノッチの大きさ、あと額縁も最近のスマホの中ではやや太い感じがある。これらに手が加わる可能性はありそうだ。

イマドキのスマホと比べると、さすがにデッカさが目立つノッチは果たしてどうなる?

 ウワサになっているのが、ノッチ部分がカプセルサイズになるというもの。それはProのみか、無印も含めてか。iPhone 13 Proに用いられているステンレスフレームはどうなるのか。デザインの進化、あと新カラバリの登場にも注目だ。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中