このページの本文へ

山根博士の海外モバイル通信 第614回

ローマの駅で「イタリア語の音声認証」を使ってSIMカードを買った

2022年09月05日 12時00分更新

文● 山根康宏 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ローマでは顔認証マシンでプリペイドSIMが買える

簡単そうに見えた顔認証購入に
意外な落とし穴があった

 ベルリンで開催中のIFA2022に向かう途中、イタリア・ローマに立ち寄りました。といってもトランジットで1泊なので、夕方について翌朝発と滞在時間はわずか。ですが、6月にミラノに行ったときも駅で手軽にプリペイドSIMが買え、しかも5Gにもつながったので、今回もローマの駅でプリペイドSIMを買ってみました。

夜のローマ・テルミニ駅

 空港からバスや鉄道で到着するミラノのテルミニ駅は、通信キャリアのお店がすべてあるので、SIMの購入も簡単です。ボーダフォンの店があったので旅行者用のプリペイドSIMが買いたいというと「20ユーロでイタリア50GB、EU10GB」とのこと。パスポートの提示は必要ですがすぐに買えました。このあとドイツに行くのでEU10GBはドイツで5Gをテストするのに使おうと思います。実は筆者もahamo回線を海外に持ち出し、20GBをそのまま海外で使っています。もう現地でプリペイドSIMを買う必要性は薄れているのですが、ドコモの国際ローミングでは対応した国以外で5Gが使えません。5Gのために今回もこうしてプリペイドSIMを買ったのです。

テルミニ駅のボーダフォンで20ユーロのSIMを買う

 テルミニ駅はほかにもイタリア最大キャリアの「TIM」、3位4位が合併した「Windtre」(旧「Wind」と「3(Tre)」)の店もあります。1階のフロアだけではなく、地下にも3社があるので旅行者がプリペイドSIMを買うのに優しい駅です。

Windtreのお店

 さてボーダフォンのSIMを買ってこれでOKと思ったのですが、テルミニ駅の改札を抜けた先のコンコースにいろいろなお店がありました。そのうちの1つは通信キャリアのようです。というのも、表にあるデジタルサイネージに「150GB」「9.98ユーロ」などと書いてあるからです。お店の名前はiliad、これがキャリア名のようです。

新興キャリアのiliiadのテルミニ駅店舗

 このiliadは2018年に参入したキャリア。新しいため4Gと5Gネットワークしかなく、2G、3Gは使えません。ユーザー獲得のため格安料金で勝負しているようですが、それだけではなく運営コストも下げているようです。ブースの中は無人でユーザー登録できる機械が置いてあり、プリペイドSIMも自動で発行してくれるのです。つまりショップで対応するスタッフやPCなどもなくし、端末だけで本人認証からSIM発行までできる機械が導入されているのです。

iliadのショップにあったユーザー登録&SIM販売端末

 これは面白そうなので試すことにしました。自分の名前やメールアドレスを入力するほか、パスポートをマシンでスキャンして本人確認証明書も送ることができます。こちらが外国人ということでスタッフが横に付き添ってくれましたが、それほどわかりにくいものではなかったので1人でもなんとかできそう、とその時は思っていました。

 最終確認画面では、自分の顔写真を撮影。特に難しくありません。ところが最大の難関が次に待っていたのです。それは端末に向かって「io sona (登録した名前) e scelgo iliado」と言わなくてはなりません。「私は(登録した名前)です。iliadを選びます」というイタリア語。これはパスポートのコピーとその人の写真を使って、偽の身分証明書として登録することを防ぐためなのでしょう。

まさか機械に向かってイタリア語で話しかけなくてはならないとは

 これが意外と苦労しました。というのもiliadの発音を「iliado」「iliadu」みたいにすると認識してくれず、きちんと「d」で終わらせないと認証されないのです。横にいたスタッフの人も「どうしてこの人言えないのかしら」と思ったようで、「ゆっくりね」「ド、じゃないよ」とか声をかけて応援してくれます。結局5回やってなんとか通ったのですが、こんな簡単な単語でひっかかるとは思いもよりませんでした。認証が通ると端末の下のスリットからSIMカードが出てきます。

 端末の言語はイタリア語でしたが、これはスタッフが一緒だったからそう設定したのかもしれません。もしかしたら最初の画面で英語が選べたのかも……。そして、その場合はこの合い言葉も英語だったのでは? いずれにせよ、iliadの発音でうまくいかなかったかもしれませんが。

苦労の末に入手したiliadのプリペイドSIM

 なお金額は9.98ユーロなのですが、支払いは19.98ユーロ。実は新規登録手数料が10ユーロ別途必要だったのです。それ最初に言ってくれよと思いましたが、面白い体験ができたからヨシとにしましょう。5Gスマートフォンに入れて無事5Gも利用できました。

5Gも使える

 ドコモなど日本のキャリアが海外での5Gローミング先を広げてくれればこのような苦労はしないのですが、海外で5Gを使いたいときは、もうしばらく現地のプリペイドSIMを買う必要性がありそうです。

山根博士のオフィシャルサイト

「スマホ好き」を名乗るなら絶対に読むべき
山根博士の新連載がASCII倶楽部で好評連載中!

 長年、自らの足で携帯業界を取材しつづけている山根博士が、栄枯盛衰を解説。アスキーの連載「山根博士の海外モバイル通信」が世界のモバイルの「いま」と「未来」に関するものならば、ASCII倶楽部の「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」は、モバイルの「過去」を知るための新連載!

 「アップルも最初は試行錯誤していた」「ノキアはなぜ、モバイルの王者の座を降りたのか」──熟練のガジェットマニアならなつかしく、若いモバイラーなら逆に新鮮。「スマホ」を語る上で絶対に必要な業界の歴史を山根博士と振り返りましょう!

→ASCII倶楽部「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」を読む

ASCII倶楽部は、ASCIIが提供する会員サービスです。有料会員に登録すると、 会員限定の連載記事、特集企画が読めるようになるほか、過去の映像企画のアーカイブ閲覧、編集部員の生の声を掲載する会員限定メルマガの受信もできるようになります。さらに、電子雑誌「週刊アスキー」がバックナンバーを含めてブラウザー上で読み放題になるサービスも展開中です。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン