前へ 1 2 3 次へ

ハイエンドCPUの性能を限界まで絞り出すためのCPUクーラー!

暑い夏、高温のPCを冷やすCPUクーラーを選ぶなら水冷がよいのか空冷がよいのかを検証

文●石川ひさよし 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 今回は夏企画の第二弾。シンプルにCPUクーラーを選ぶなら水冷がよいのか空冷がよいのかを検証してみたい。

【夏企画の第一弾:夏に自作したい、MSIで作る涼しげなホワイトゲーミングPC! 各パーツも高性能にこだわったホワイトで統一】

 一方、ここ数年でPCパーツの発熱量も絶賛上昇中だ。上昇中なのは主にハイエンドクラスのCPU&GPU。とくにハイエンドCPUにはCPUクーラーが付属しなくなったため、ユーザー自ら最適なCPUクーラーを選ぶ必要がある。インテル、AMDからリリースされている、ここ数年の「9」グレード(末尾「K」や「X」)CPUは、およそ100W前後のTDP/PBPが設定されているが、肝心なのはそれらのCPUがブースト駆動している際の発熱量だ。ブースト時の最大クロック、その持続時間はCPU温度(と電力)の余裕で決まる。冷えるCPUクーラーほどブーストが持続し高い性能が得られる。

簡易水冷CPUクーラーを装着した状態

 こうした理由もあり、ハイエンドCPUの冷却は、インテル、AMDとも簡易水冷CPUクーラー(以上)を推奨している。もちろん空冷CPUクーラーを選択される方も多いと思われるが、実際のところ性能面で簡易水冷CPUクーラーと空冷CPUクーラーでどれだけ違いがあるのだろうか。まずは知っておくことがCPUクーラー選びで重要だろう。

MSIの簡易水冷フラグシップ「MEG CORELIQUID S360」

 今回は簡易水冷CPUクーラーと空冷CPUクーラーのハイエンド対決を行なう。MSIからお借りしたのは同社の簡易水冷CPUクーラーでフラグシップとなる「MEG CORELIQUID S360」(実売価格:3万6000円前後)だ。

MSI「MEG CORELIQUID S360」

 同社のマザーボードと同様、製品名アタマの「MEG」は最上位グレードを示している。「MEG CORELIQUID S360」は「MEG CORELIQUID」シリーズの36cmラジエータ搭載モデルである。特徴的なのがヘッド部に搭載された2.4インチディスプレー。好みのイメージ(静止画/アニメーション)を表示させたり、ハードウェアモニターとして利用したり、システムクロックを表示させたりと活用できる。意外にもイルミネーション的な機能はこの部分のみで、ファンはLED非搭載。同社で言えばUNIFYマザーボードのようにブラックを打ち出した硬派なデザインだ。

ヘッド部には2.4インチディスプレーを搭載

 ファンは同社12cm角ケースファンの「MEG SILENT GALE P12」。冷却性能に優れつつ静音性も高い。搭載ファンはもう1基ある。ヘッド部のディスプレー裏に6cm径ファンが搭載されており、これがCPUソケット周辺パーツの冷却を行なっている。一般的な簡易水冷CPUクーラーはCPUソケット直上のファンがなく、マザーボード上の発熱箇所であるVRMが効果的に冷却できないところが弱点といえる。「MEG CORELIQUID S360」の6cm径ファンはこの弱点を解消してくれる。小径なので風量は限られると思われるが、ないよりはあったほうがよいだろう。

ディスプレー裏にある6cm径のファン

 比較対象の空冷CPUクーラーについても、某ハイエンドモデルを用意した。冷えると評判のデュアル12cm角ファンモデルだ。空冷CPUクーラーは、ヒートシンクの大きさやファンの風量などが性能の目安となる。そのほかにヒートパイプとヘッド面、ヒートパイプとヒートシンクのロウ付けなど加工精度も冷却性能を左右し、とくに後者が価格帯やメーカー間で差のつくところだ。

実際にPCケースに組み込んで検証

 今回はできるだけ実運用に近い計測を行なってみよう。まな板上のバラックではなくPCケースに組み込んだ。こちらの検証環境についても紹介しておこう。

検証用に自作し、実機で測定した

検証環境
CPU インテルCore i9-12900K(16コア/24スレッド ※PBP:125W、MBP:241W)
メモリ Corsair DOMINATOR PLATINUM RGB(CMT32GX5M2B5200C38)
マザーボード MSI MPG Z690 FORCE WIFI
ビデオカード MSI GeForce RTX 3070 Ti VENTUS 3X 8G OC
ストレージ Seagate FireCuda 530(ZP1000GM3A013)1TB
ケース MSI MPG QUIETUDE 100S
電源 Deepcool PQ1000M(80PLUS Gold、1000W)
OS Windows 11 Pro

マザーボードのUEFI設定からPL1&PL2は4095Wに指定

 まず肝心なのがCPU。せっかくなのでCPUクーラーに負荷がかかる、発熱量の大きなモデルを用意した。インテルCore i9-12900Kだ。PBPが125W、MBPが241Wと、LGA1700 CPUの中でも消費電力が大きく発熱も大きい。また(高性能CPUクーラーとの組み合わせが必須だが)マザーボードのUEFI設定からPL1&PL2を無制限に設定することもできることは知られている。

高性能で高温になるCore i9-12900Kを使用

前へ 1 2 3 次へ

過去記事アーカイブ

2022年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2020年
01月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2018年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2017年
01月
03月
05月
06月
07月
09月
10月
11月
2016年
01月
03月
05月
06月
09月
11月
2015年
01月
03月
04月
06月
2014年
05月
06月
09月
10月
11月