前へ 1 2 3 次へ

ゲーミングPC自作はコスパのいいマザーボードを選び、CPUとグラボに予算を回そう

Intel B660チップセット、DDR4採用で価格を抑えたマザーボード、MSI「MAG B660M MORTAR DDR4」

文●石川ひさよし 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 自作PCにはいくつかの方向性があるが、メインストリーム層にとって重要なのがコストパフォーマンス。とくにビデオカードが高価な昨今、どこでコストを抑えるのかは重要な選択だ。1点、マザーボードは選択肢が豊富なぶんコスト圧縮には都合がよい。今回紹介するのはMSI「MAG B660M MORTAR DDR4」だ。Intel B660チップセット、DDR4採用という点で価格を抑えつつ、ゲーミング設計なのでゲーマーが求めるハイスペックCPU&ビデオカードも余裕で受け止めてくれる製品だ。

MAG B660M MORTAR DDR4 実売価格は2万7000円前後

コスパ狙いならB660のmicroATXがちょうどいい

 LGA1700向けチップセットにはZ690、H670、B660……とある。Intel B660は上に2つのチップセットがあるが、メインストリーム向けに位置づけられる。チップセット価格は安いが、もちろん機能とトレードオフだ。そこを妥当と捉えるならばよし。まずは違いを確認しておこう。

 最上位のIntel Z690チップセットは全部入りとして、B660チップセットではまずレーン分割や「K」付きCPUの倍率変更OCに対応していない。ただし現在マルチGPUは下火であるしそもそもメインストリーム層が求めるところではない。OCも同様だろう。また、取り扱えるPCI Express 3.0レーン(チップセット側)はZ690が16レーン、H670が12レーンに対し、B660は8レーンと少ない。たとえば拡張スロットやM.2スロットの数という形で影響のあるところではあるが、ビデオカード以外にどれだけ拡張カードを搭載するのか、M.2 SSDを何枚搭載するのかを考えて選びたい。ただし、多くの方は拡張カードなし、M.2 SSDもシステム用とデータ用で間に合うだろう。将来もしかしたら……ということはあるかもしれないが、その将来が来た時にはより新しいCPUが登場しているもの。その時あらためてハイエンドPCにステップアップすればよいという考え方もある。

 このように、Intel B660はZ690と比べれば制限があるものの、メインストリームユーザーのニーズは満たしてくれる。その上、MAG B660M MORTAR DDR4はmicroATXマザーボードだ。拡張スロットも3本で、M.2スロットも2基である。必要最低限を満たし余裕もあるが、過剰ではない。Intel B660&microATXはコストパフォーマンス的に正しいのである。

microATXだがよく考えられたレイアウト&高速I/F充実

 MAG B660M MORTAR DDR4を見てみよう。MAG B660M MORTAR DDR4はmicroATXフォームファクタで、メモリスロットは4本、拡張スロットは3本、M.2スロットは2基備えている。製品名のとおりメモリはDDR4を採用している。第12世代Coreでは新しくDDR5メモリが採用された。実際のところ、当初は高価で入手も困難だったDDR5メモリも徐々に安く、入手性も改善してきている。とはいえ、DDR4対応ならまず既存のシステムから使いまわしたいというニーズを汲めるし、新規購入するにしてもまだ同容量のDDR5メモリよりも安価だ。4スロットあるので最大128GBまで搭載できる。2枚セットで搭載するが、まず2本、あとから2本追加といったムダのない拡張もできる。このようにシステムトータルでコスパを引き上げることができる点に注目したい。

Intel B660チップセットを搭載したmicroATXマザーボード

 拡張スロットは上から順にビデオカード用PCI Express 4.0 x16、PCI Express 3.0 x1、x16形状のPCI Express 3.0 x4となっている。PCI Express 4.0 x16スロットが最上段にあるため、たとえば2スロット厚のビデオカードならほか2スロットを利用でき、最近よくある3スロット厚のビデオカードとの組み合わせでもx4を1スロット利用可能だ。microATXで拡張性を求める方はスロットの並びに注目するとよい。とくに4KマルチストリームビデオキャプチャやThunderbolt 4 AIOなどはx1ではなくx4レーンカードであることがある。ビデオカードを挿した上でさらにそうしたカードを搭載できるレイアウトかどうかはけっこう重要だ。

ビデオカードを搭載してもほかに拡張スロットを1~2本残せるレイアウト

 M.2スロットは01、02の刻印のあるヒートシンクが装着できる。CPU側のスロットはPCI Express 4.0 x4接続に対応しており、チップセット側のスロットはPCI Express 4.0 x4またはSerial ATA 3.0のM.2 SSDにも対応している。ついでにSerial ATA 3.0ポートにも触れておくと、MAG B660M MORTAR DDR4には6ポート搭載されており、うち4ポートがチップセット機能、残り2ポートはASMedia「ASM1061」チップで実装されている。

Serial ATA 3.0は6ポート

 使い勝手の面ではインターフェースを見ていこう。とくに重要な高速インターフェースを見ると、USB 3.2 Gen2x2 Type-Cが1基、USB 3.2 Gen2 Type-Aが3基、同Type-Cが1基などに加え、LANでは2.5GbEを搭載している。USBに関してはチップセット機能をメインにUSB 3.2 Gen2に関してはハブチップを使用。LANはコスパのよいRealtek「8125BG」を利用している。このほか、Thunderbolt 4増設カードを将来搭載したいという時のためのThunderbolt 4用ヘッダピンもある。

USB 3.2 Gen2x2 Type-Cや2.5GbE(Realtek 8125BG)など高速インターフェースを搭載

2.5GbEにはRealtekの「8125BG」を搭載

フロントUSBはUSB 3.2 Gen2 Type-C

Thunderbolt 4増設用のピンヘッダもある

前へ 1 2 3 次へ

過去記事アーカイブ

2022年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2020年
01月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2018年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2017年
01月
03月
05月
06月
07月
09月
10月
11月
2016年
01月
03月
05月
06月
09月
11月
2015年
01月
03月
04月
06月
2014年
05月
06月
09月
10月
11月