このページの本文へ

山根博士の海外モバイル通信 第609回

iPadやノートPCを4G通信対応にする謎の小型USBアダプターを発見

2022年07月26日 12時00分更新

文● 山根康宏 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

これさえあればWi-F版のiPadが4G対応になる

 iPadはWi-Fi版とセルラー版が販売されています。Wi-Fi版のほうが価格が安いため、そちらを選ぶ人も多いでしょう。しかし昨今の通信料金の低価格化や、2枚目のSIMを安価に提供するキャリアの登場で、iPadもセルラー版を買ったほうが使い勝手はいいかもしれません。すでにWi-Fi版を買った人がセルラー版に買い替えるのも面倒です。

 そこでWi-Fi版のiPadで4Gを利用できるようにするという、USB Type-C型のアダプターが出てきましたの紹介します。内部にLTEモデムを搭載しており、これを接続するだけでiPad単体で通信ができるようになるというのです。

4Gモデムを内蔵、nanoSIMスロットとUSB Type-C端子を備える

 中国のECサイトで見つけたこの商品、USB Type-Cの何かのアダプターにしか見えませんが、片側にはnanoSIMを入れるスロットを備えています。説明によると中国3大キャリアのSIM、中国移動、中国聯通、中国電信に対応しているとのこと。外部電源も不要でこれ単体で使うことができます。サイズは44×32×9mm、かなり小さいですね。重量は不明ですがそれほど重くはないでしょう。

手のひらにすっぽり収まる小型サイズ

 使い方は簡単で、本体にSIMを入れ、iPadのType-C端子に接続するだけ。しばらくすると自動的に4G通信が始まるとのこと。内部にWi-Fiが内蔵されてホットスポット的に使うのと思いきや、Wi-Fi接続すら不要です。

SIMを入れiPadに挿すだけで通信可能

 詳細な技術は不明ですが、販売している会社のデモビデオなどを見ると、このアダプターはイーサネットアダプターとして働くようで、iPadに装着すると有線LANにつながっている挙動を示すようです。そして本来はイーサネットにつながる先が、セルラー回線のLTEで接続される、ということのよう。どんな変換をしているのか不明ですが、理論的にはたしかにこれなら挿すだけでネットにつながるのも納得がいきます。

 なお対応はiPadOS/iOSだけではなく、Mac、Windows、AndroidそしてHarmonyOSにも対応するとのこと。ゲーム機なども利用できるかもしれません。

ノートPCやAndroidも対応する

 ちなみに同様の製品でUSB Type-A端子のものや、USBハブになったものも販売されています。USBハブタイプなら余ったSIMを入れておくだけで、いつでもどこでもネットにつながるわけです。なんだか夢のような製品ですが、中国では普通に売られているようです。

USBハブ型は便利。PD65Wまで対応

 モデムはCat.4対応で最大下り150Mbps、上り50Mbpsに対応。電源は本体から供給するタイプの製品なのでこれ以上の性能を求めることは酷でしょう。

どんな端末でも4G通信対応にしてしまう

 格安なWi-FiタブレットやノートPCもこのアダプタがあれば4G通信に対応できます。なお設定アプリなどは内容なので、APNなどデータ通信設定はプリセットしたものしか利用できないと思われます。そのため中国以外のSIMの利用可否は不明です。しかしなかなか便利そうな製品なので、技適を取って日本で正規販売してほしいものですね。

山根博士のオフィシャルサイト

「スマホ好き」を名乗るなら絶対に読むべき
山根博士の新連載がASCII倶楽部で好評連載中!

 長年、自らの足で携帯業界を取材しつづけている山根博士が、栄枯盛衰を解説。アスキーの連載「山根博士の海外モバイル通信」が世界のモバイルの「いま」と「未来」に関するものならば、ASCII倶楽部の「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」は、モバイルの「過去」を知るための新連載!

 「アップルも最初は試行錯誤していた」「ノキアはなぜ、モバイルの王者の座を降りたのか」──熟練のガジェットマニアならなつかしく、若いモバイラーなら逆に新鮮。「スマホ」を語る上で絶対に必要な業界の歴史を山根博士と振り返りましょう!

→ASCII倶楽部「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」を読む

ASCII倶楽部は、ASCIIが提供する会員サービスです。有料会員に登録すると、 会員限定の連載記事、特集企画が読めるようになるほか、過去の映像企画のアーカイブ閲覧、編集部員の生の声を掲載する会員限定メルマガの受信もできるようになります。さらに、電子雑誌「週刊アスキー」がバックナンバーを含めてブラウザー上で読み放題になるサービスも展開中です。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン