このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

「可愛かったらなんでもやります!」 黒帯の空手女子・織畑ミチルが1st DVDリリース

2022年06月20日 19時00分更新

文● 清水 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 黒帯の空手女子グラドルとして注目される織畑ミチル(おりはた・みちる)さんが、1st DVD「優しくしてください」(発売元:イーネット・フロンティア、収録時間:140分、価格:4400円)の発売記念イベントを5月28日、ソフマップAKIBA パソコン・デジタル館で開催した。

 いま24歳の織畑さんは、幼少のころにスカートめくりするガキ大将を倒したいと、空手を習うことにしたという武闘派(!?)な新人。ラウンドガールやレースクイーンを目指す第一歩として、グラビア活動を始めたそうだ。記念すべき1st DVDは、千葉県の館山のほうで撮られた映像となっている。

――ロケはいかがでした?

【織畑ミチル】最初は不安もありましたが、和気あいあいとした雰囲気で解散するのがさみしくなるほど。事前の打ち合わせで「可愛かったらなんでもやります!」と言っていたし、ピュアなイメージで撮っていただけました。

――シーンの紹介を。

【織畑ミチル】朝ベッドで体をくすぐられたり、ボーダー柄のビキニを着てビーチに出かけたり。競泳水着とかチアリーディングの格好とか、衣装もいろいろ着ました。

――お気に入りは?

【織畑ミチル】制服を着ているシーンです。倉庫みたいな場所で少しずつ制服を脱ぐ展開なのですが、そんな体験は普段できないと思うし、脱いでからの水着姿もよかったです。

――空手着のシーンも?

【織畑ミチル】あります! 突きや蹴りを繰り出してから、道着を脱いで透けたレースの衣装を見せるのですが、すごく可愛くて「これはバズるぞ!」と。撮影中もドキドキしてました。

 なお、「ガキ大将を倒す」という積年の悲願は、まさかの顛末を迎えることに。それがこの1st DVDでも語られているので、おもしろいエピソードとしてチェックしておきたい。グラビア活動への意欲は旺盛で、「次はナースやCAなど、いろいろな職業のコスチュームを着てみたい」と抱負も語った。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ