このページの本文へ

先端テックニュースまとめ読み from MITテクノロジーレビュー 第184回

暗号通貨に「冬の時代」/しつこい「かゆみ」の悪循環の仕組みを解明

2022年05月23日 11時30分更新

文● MITテクノロジーレビュー編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ステーブルコイン大暴落の衝撃、暗号通貨に「冬の時代」到来か?

安定した価値を保証するはずのステーブルコイン「テラ(UST)」の大暴落は、暗号資産の世界に大きな衝撃を与えた。暗号資産の価値が理論上のものだけだとしたら、人々が信じることをやめたらどうなるのだろうか。

≫ 続きはこちら

しつこい「かゆみ」の悪循環の仕組みを解明=九大など

九州大学、岡山大学、ジョンズ・ホプキンス大学の研究グループは、慢性的なしつこいかゆみを発生させる仕組みを解明した。アトピー性皮膚炎や接触皮膚炎などに伴う慢性的な強いかゆみを感じると、何回も繰り返して引っ掻いてしまう。その結果皮膚の炎症が悪化して、かゆみがさらに増すという悪循環に陥る。こうした「かゆみと掻破(そうは)の悪循環」のメカニズムは従来、解明されていなかった。

≫ 続きはこちら

主張:自動運転車は街に溶け込むべきか?ルールが必要な理由

大手テック企業や自動車メーカーが完全な自律自動車の実用化へ向けた実験を進めている。もし自動運転車が実際に道路を走るなら、他のドライバーはその実態について知る必要がある。

≫ 続きはこちら

塩は通さず水を高速で通すナノチューブ、東大が開発

東京大学の研究チームは、水を高速で通すが塩は通さないナノチューブを開発した。同様の性質を持つ物質としてはアクアポリンが知られているが、今回開発したナノチューブはアクアポリンの4500倍の速度で水を通すという。海水を淡水化する水処理膜への応用が期待できそうだ。

≫ 続きはこちら

暗号通貨で新競争時代を迎えた「お金」のイノベーション史

デジタル・テクノロジーは、お金の性質を変え、人々とお金との関係を変え、一部の国の経済管理能力を変えるかもしれない。それが将来、人類全体にとって幸福なのか、不平等をさらに悪化させるのかはまだ分からない。

≫ 続きはこちら

グーグルにはびこる「浮気監視」アプリ広告、規約違反でも消えず

他人の位置情報や通話、プライベートメッセージなどを密かに監視するために設計されたストーカーウェア(スパイウェア)の広告が、グーグルの検索結果に表示されている。グーグルはポリシーで禁止しているにもかかわらず、いまだ排除されてない。

≫ 続きはこちら

ケニアの憂鬱 モバイルマネー先進国襲った ギャンブル依存症の罠

GDPの2倍もの金額がモバイル決済されるアフリカ・ケニア。銀行口座を持たない人々を救い、金融包摂を実現すると期待されたモバイルマネーは、今では深刻なスポーツ賭博の被害も生み出している。

≫ 続きはこちら

東工大、鉄さびの主成分を使って二酸化炭素を再資源化

東京工業大学の研究チームは、鉄さびの主成分であるα型酸水酸化鉄(α-FeOOH)からなる固体触媒を開発。可視光をエネルギー源として、二酸化炭素を、水素のキャリア物質であるギ酸へ変換することに成功し、世界最高の二酸化炭素還元選択率でギ酸を得る初の鉄系固体触媒を実現した。

≫ 続きはこちら

紙で読むMITTR マガジン新刊のお知らせ

MITテクノロジーレビューが選ぶ、次世代イノベーター特集号。mRNAがん治療の事業化を目指す起業家、日本発の量子コンピューター技術を提唱する研究者、グーグルが採用した人工音声を開発した技術者、中国の次世代人工太陽の理論モデルを確立した科学者など、世界のイノベーター35人と日本発のイノベーター15人を一挙紹介。

新規事業、投資、研究企画に役立つ、今最も注目すべき研究者、起業家の顔ぶれとイノベーション・トレンドが分かる1冊。是非お手に取ってご覧ください。

≫ 詳細はこちら

カテゴリートップへ

この連載の記事
最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ