• Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード
注目の特集

アクセスランキング

週刊アスキー最新号

  • 週刊アスキー特別編集 週アス2022December

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

MITテクノロジーレビュー

シナリオを手掛ける打越鋼太郎氏のメッセージも公開

『AI: ソムニウムファイル ニルヴァーナ イニシアチブ』の発売日が6月23日に決定!

2022年01月28日 16時00分更新

文● Zenon/ASCII

 スパイク・チュンソフトは1月28日、新作アドベンチャーゲーム『AI(アイ): ソムニウムファイル ニルヴァーナ イニシアチブ』[Nintendo Switch/PlayStation 4/Xbox One/PC(Windows 10/Steam)]の発売日を、2022年6月23日に決定したと発表。

 あわせて、事件の始まりを描いたストーリートレーラー、およびシナリオを手掛ける打越鋼太郎氏のメッセージを公開している。

【トレーラースクリーンショット】

以下、リリースより。

本作のシナリオを手掛ける打越鋼太郎氏のメッセージを公開!

<『AI: ソムニウムファイル ニルヴァーナ イニシアチブ』のテーマについて>

 ふたつでひとつ。対をなす2つのものがゲーム全体のメインテーマとなります。たとえば陰陽だったり、雌雄だったり、二重螺旋だったり……。あるいは愛と憎しみもそのうちのひとつかもしれません。

 タイトルの「AI」には日本語の「愛」の意味も込められています。なので、前作同様に本作でもさまざまな種類の愛の物語が展開していくことになります。家族愛や異性に対する愛、その種の枠組みにとらわれない愛の形も中にはあるでしょう。それらに加えて本作では、愛と相対するもの、憎しみについても深く掘り下げられています。半分の死体から始まる愛憎のミステリー。とくとご堪能ください。

<本作の主人公について>

 本作は、前作のキャラクター・みずきと新キャラクター・龍木(りゅうき)のダブル主人公で物語が進んでいきます。上述したテーマから、主人公をふたりにしようというのは構想の初期段階で決まっていました。そのうちのひとりをみずきにしようというのも最初から……。前作で一番人気のキャラクターでしたし、僕自身も彼女の成長した姿を書きたいと思っていました。

 では、もうひとりについてはどうするか? 当然のことながら、前作の主人公である伊達のことを真っ先に思い浮かべました。ですが、伊達とみずきの物語にしてしまうと、前作の色が濃くなりすぎて、本作から始めてみようというプレイヤーにはちょっととっつきにくいかなと……。そこで既存キャラクターと新規のキャラクターを織り交ぜることで、誰でもすんなりと作品世界に入り込めるようにしました。

<前作の主人公・伊達について>

 伊達ももちろん登場します。それもちょい役ではなく、かなり重要な役割を担うキャラクターとして……。なので、伊達ファンの皆さん、どうかご安心ください! 本作では前作以上にかっこいい伊達を(あるいはかっこ悪い伊達を)ご覧になっていただけるかと思います。楽しみにしていてください。

<本作から初めてプレイする方に向けたメッセージ>

 1作目の『AI: ソムニウムファイル』をプレイしていなくてもまったく問題ありません。まず、ゲーム内で起こる事件は1作目とはなんの関係もありません。また、基本的に事件に関係してくるのは、新規のキャラクターがメインなので「新たな事件に直面し、解決する」という意味で、前作のプレイヤーと新規のプレイヤーは完全に等しい立場になります。

 前作の主要キャラクターは引き続き登場しますが、設定や関係性についてはきちんと説明されますし、前作を知らないと理解できないネタというのはほとんどないと思います。それから1作目の重要なネタバレも本作ではしていません。なので、本作をプレイしてから前作をプレイするというスタイルも全然アリです。

 同時に「前作のプレイヤーに対してのみ、前作の情報を開示する」という特殊な仕掛けが施してあるので、前作のプレイヤーはより深く物語を楽しんでいただけること請け合いです。なんて親切な作りなんでしょう!

<ファンの方に向けたメッセージ>

 まず、1作目である『AI: ソムニウムファイル』のファンの皆さん。本作ではみずきが大活躍します。もちろんイリスも応太もママも猛馬も登場しますし、前作のノリは健在です。前作を気に入っていただけたなら、本作も必ずやご満足いただけることでしょう。続編が制作できたのは皆さんのおかげです。本当にありがとうございます!

 ビジュアルノベルファンの皆さん。これぞビジュアルノベルと言うべき、ビジュアルノベルの醍醐味を凝縮したタイトルができました。しかもこのゲームには、キャラクターを操って夢の中を探索するソムニウムパート(と、まだ言えないもうひとつのパート)が存在します。ソムニウムパートは、前作に輪をかけて一段とパワーアップ! 超絶的に面白いので、乞うご期待です!

 最後に打越ファンの皆さん。お待たせしました。新作です。本作は前作に比べて、思考を刺激するような要素が数多く含まれています。その意味で、「ZERO ESCAPE シリーズ」のファンの皆さんには絶対に気に入っていただけると思います。またミステリーもののADVゲームとしても自信作です。謎が謎を呼ぶ展開、ねじりにねじったツイストの嵐にぜひ巻き込まれてみてください!

打越鋼太郎 プロフィール

 「infinity シリーズ」「ZERO ESCAPE シリーズ」など、多数のゲームタイトルの原作シナリオを担当。またアニメ「パンチライン」では原作脚本、リアル脱出ゲーム「リアルループゲーム アイドルは100万回死ぬ」では企画・構成を手掛けるなど、幅広く活動する。海外からの評価も高く、受賞歴や講演歴も多数。

【ゲーム情報】

タイトル:AI(アイ): ソムニウムファイル ニルヴァーナ イニシアチブ
ジャンル:アドベンチャー
販売:スパイク・チュンソフト
プラットフォーム:Nintendo Switch/PlayStation 4/Xbox One/PC(Windows 10/Steam)
発売日:2022年6月23日予定 ※Steam版は6月25日予定
価格:未定
プレイ人数:1人
CERO:審査予定

この記事をシェアしよう

ASCII.jpの最新情報を購読しよう