このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

鉄板&今が旬なパーツを性能検証!! 第39回

Core i9ー12900Kの空冷に挑戦!

【鉄板&旬パーツ】空冷CPUクーラー最強の一角Deepcool「AK620」を試す!

2021年11月28日 13時00分更新

文● 藤田 忠 編集●北村/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ここ数世代、いまひとつ奮わなかったインテルCoreプロセッサーだが、第12世代CoreはライバルAMD Ryzen 5000シリーズと同じステージ上に立つだけでなく、上回るパフォーマンスを発揮するとあって注目を集めている。次世代のDDR5メモリーやPCI Express 5.0のサポートなど最新規格のサポートもあり、いま最も熱い存在になっている。

 一番人気で、発売解禁時こそ完売状態になった最上位モデルの「Core i9-12900K」の在庫も復活。秋葉原の店頭はもちろん、通販でも適正価格で購入できるようになっている。ただ、そのCore i9-12900Kは、CPUのみでMTP(Maximum Turbo Power:最大消費電力)が、241Wと驚きの数値になっている。

 CPUコアの発熱量も半端なく、組み合わせるCPUクーラー次第ではCPUコア(Pコア)のフルロード時に、サーマルスロットリングが発生する100度に処理開始とともに達してしまうこともある。MTP 241Wの最大パフォーマンスを発揮させるためには、280mmや360mmラジエーターを採用したオールインワン水冷CPUクーラーとの組み合わせが必須と言っても過言ではなくなっている。

 そんななか、スポットを当てたのはオールインワン水冷CPUクーラーではなく、扱いやすい120mmファン採用のハイエンド空冷CPUクーラーのDeepcool「AK620」だ。

120mmファン最強の一角となるDeepcool「AK620」。実売価格8500円と1万円でおつりがくる点も魅力だ

 「えっ、空冷?」と思うかもしれないが、実はCore i9-12900Kを手にした際、遊びで120mmファン採用CPUクーラー最強の一角のひとつであるNoctua「NH-U12A」を使ったところ、意外と冷えていたのだ。

 室温22度前後かつバラック組みの状態ではあるが、冬の間なら空冷でも意外といけるのでは? と思い立ち、空冷最強の呼び声も高い「AK620」でCore i9-12900Kを冷やしてみることにした。

ツインタワー&デュアルファンで
1万円を切る「AK620」をおさらい

 「AK620」は2021年10月に発売されたDeepcoolの空冷CPUクーラーで、抜群のコスパで人気のある「AS500」シリーズの上位に位置するハイエンドCPUクーラーだ。最大でTDP 260WのCPUに対応するツインタワー&デュアルファン仕様ながら、多くのPCケースに収まるよう、全高を160mmに抑えている。

 冷却の要となるツインタワーヒートシンクと、受熱ベースは6mm径のヒートパイプ×6でつながっており、ヒートシンクに素早く熱を伝え放熱。2つのヒートシンクは同形状になっており、120mmファンはそれぞれのヒートシンクに風を吹き付けるかたちで取り付けるようになっている。

 LEDイルミネーションは搭載していないが、デザイン面は悪くなく、ヒートシンクトップはブラックの格子デザインに、ひっそりとDeepcoolのロゴが配置されている。さらに、ファンはヒートシンクトップとマッチするフラットフレームを採用。一体感のあるキューブデザインになっている。

 「AK620」と「AS500」シリーズは専用のLGA 1700向けマウンターが用意されており、順次提供される予定だ。今後は製品に同梱もされる予定になっている。

最大でTDP 260WのCPUに対応するツインタワー&デュアルファン仕様のハイエンドCPUクーラー。全高は多くのPCケースと組み合わせられる160mmになっているのも良いところ

吸熱ベース左右からは6mm径の銅製ヒートパイプが伸びている

銅製ヒートパイプ×6本が、ヒートシンクにつながっている

ヒートシンクの前後面は凹凸ある形状(市松模様風)になっている

ヒートシンクのトップには格子柄のカバーを装備。Deepcoolのロゴも良い感じだ

ファンフレームもフラットにすることで、一体感のあるキューブ型デザインになっている

側面から見ると、ブラック&シルバーの標準的なカラーリングになっている

ファンの固定は、標準的なファンクリップタイプ。ほかの120mmファンに交換することもできる

9枚のファンブレードを備える120mmファン「FK120」を搭載。ファンのスペックは回転数が最大1850rpm±10%、風量が68.99cfmだ

AK620スペック表
型番 AK620
製品サイズ 幅129×奥行き138×高さ160mm
ヒートシンクサイズ 幅127×奥行き110×高さ157mm
ファン 120mm×2基
回転数 500~1850rpm±10%
風量 68.99CFM
静圧 2.19mmAq
ファンノイズ 28dBA

前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中