GIGABYTEからZ690チップセット搭載マザーボードが3モデル発売

文●山県 編集●北村/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 いよいよ販売がスタートした「第12世代インテルCoreプロセッサー」。対応マザーボードとしてIntel Z690チップセット搭載製品が各社から販売されている。

 GIGABYTEからは「Z690 AORUS PRO」「Z690 UD」「Z690 UD DDR4」3モデルが登場。パソコンショップアーク、ドスパラ秋葉原本店、パソコン工房 秋葉原 BUY MORE店、ソフマップAKIBA パソコン・デジタル館、ツクモパソコン本店、TSUKUMO eX.で販売中だ。

ゲーミングブランド「AORUS」のアッパーミドルモデル「Z690 AORUS PRO」

「Z690 AORUS PRO」

 ゲーミングブランド「AORUS」のアッパーミドルモデル。ダイレクト駆動の16+1+2デジタル電源フェーズ設計や、大型ヒートシンクを採用する。

チップセットやSSD、拡張スロットを大型ヒートシンクを備える

 基本スペックは、拡張スロットがPCI Express(5.0) x16×1、PCI Express(3.0) x4×2(x16形状)。メモリーは、DDR5 DIMM×4(DDR5-6200、最大128GB)。

 オンボードインターフェースとして、2.5ギガビットLAN(intel)、Wi-Fi 6E (IEEE 802.11a/b/g/n/ac/ax)+Bluetooth v5.2 (intel Wi-Fi 6E AX200)、サウンド(Realtek ALC4080 HD Audio)、M.2×4、SATA3.0×6、USB 3.2 Gen2×2(Type-C)×2、USB 3.2 Gen2(Type-A)×4、USB 3.0×6、USB 2.0×8などを装備。グラフィックス出力機能としてDisplayPort 1.4を備える。価格は4万7300円。

「Z690 UD」「Z690 UD DDR4」

 スタンダードマザーボード「ULTRA DURABLE」シリーズからはDDR5対応の「Z690 UD」とDDR4対応の「Z690 UD DDR4」が発売されている。ダイレクト駆動の16+1+2デジタル電源フェーズ設計を採用。価格を3万円以下に抑えている点も特徴だ。

DDR5対応の「Z690 UD」とDDR4対応の「Z690 UD DDR4」

 基本スペックは、拡張スロットがPCI Express(5.0) x16×1、PCI Express(3.0) x4×1(x16形状)、PCI Express(3.0) x1×1(x16形状)、PCI Express(3.0) x1×2。メモリーは、「Z690 UD」がDDR5 DIMM×4(DDR5-6000、最大128GB)、「Z690 UD DDR4」がDDR4 DIMM×4(DDR4-5333、最大128GB)。

DDR5対応の「Z690 UD」。シンプルな作りながら価格を3万円以下に抑えているのがポイント。DDR4を使えばさらにコストを下げられる

 オンボードインターフェースとして、2.5ギガビットLAN(Realtek)、サウンド(Realtek 8CH HD Audio)、M.2×3、SATA3.0×6、USB 3.2 Gen2×2(Type-C)×1、USB 3.1 Gen2(Type-A)×2、USB 3.0×6、USB 2.0×6などを装備。グラフィックス出力機能としてDisplayPort 1.4、HDMI 2.1を備える。価格は「Z690 UD」が2万9700円、「Z690 UD DDR4」が2万7500円となっている。

【関連サイト】

過去記事アーカイブ

2022年
01月
02月
03月
04月
05月
2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2020年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2017年
08月
2015年
04月
09月
2014年
10月
2010年
01月
02月