GIGABYTE「Z690 AORUS XTREME WATERFORCE」

完全水冷仕様で28万3800円の超高級Z690マザーボードがGIGABYTEから登場

文●山県 編集●北村/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 GIGABYTEからフルカバータイプのウォーターブロックを標準搭載するZ690チップセット採用ハイエンドマザーボード「Z690 AORUS XTREME WATERFORCE」が発売された。価格は28万3800円。パソコンショップアーク、ツクモパソコン本店で販売中だ。

フルカバータイプのウォーターブロックを標準搭載するZ690チップセット採用ハイエンドマザーボード「Z690 AORUS XTREME WATERFORCE」

 CPU、電源回路、チップセット、SSDスロットなど、基板の大部分を覆うナノカーボンベースプレート付きフルカバータイプのウォーターブロックを標準搭載するZ690マザーボード。ダイレクト駆動の20+1+2デジタル電源フェーズ設計(105A Power Stage&タンタルポリマーコンデンサー)を採用するほか、カバーにはLCDを内蔵しリアルタイムに温度やクロックを表示可能だ。

基板サイズはE-ATX。基板の大部分を覆うナノカーボンベースプレート付きフルカバータイプのウォーターブロックを標準搭載する

 基本スペックは、拡張スロットがPCI Express(5.0) x16×2、PCI Express(3.0) x4×1(x16形状)。メモリーは、DDR5 DIMM×4(DDR5-6600、最大128GB)。

DIY水冷マシン用マザーボードの最高クラスとなるマザー。価格もすごい

 オンボードインターフェースとして、10ギガビットLAN(Marvell AQtion AQC113C)、2.5ギガビットLAN(Intel)、Wi-Fi 6E (IEEE 802.11a/b/g/n/ac/ax)+Bluetooth v5.2 (intel Wi-Fi 6E AX210)、サウンド(ESSential HEX Audio Card)、M.2×4、SATA3.0×4、Thunderbolt 4(Type-C)×2、USB 3.2 Gen2×1(Type-C)、USB 3.1 Gen2×10、USB 2.0×4などを装備。基板サイズはE-ATXとなっている。

【関連サイト】

過去記事アーカイブ

2022年
01月
02月
03月
04月
05月
2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2020年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2017年
08月
2015年
04月
09月
2014年
10月
2010年
01月
02月