このページの本文へ

ここが変わったWindows 11 第16回

Windows 11「タッチキーボード」が背景の設定や顔文字に対応、使いやすくなった

2021年10月29日 12時00分更新

文● 柳谷智宣 編集●ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「設定」の「個人用設定」から「タスクバー」を開き、「タッチキーボード」をオンにする

 Windows 11では、タッチキーボードも強化されている。機能と言うより見た目だが、テーマを設定できるようになったのがおもしろい。「個人用設定」の「タッチキーボード」から好みのテーマを選択するだけでOK。ライトやダークなどのシンプルなものから、「シルクのような夜明け」や「インディゴのそよ風」といった背景が用意されているテーマまで揃っている。現在は15種類から選べる。

Windows 11のタッチキーボード

 タッチキーボードはタスクバーのアイコンをタップすると開く。表示されていない場合は、「設定」の「個人設定」→「タスクバー」→「タッチキーボード」のスイッチをオンにする。

「タッチキーボード」の設定でテーマを選択

タッチキーボードの見た目が変わった

 テーマ一覧の最後に「カスタムテーマ」という項目も用意されている。「編集」ボタンをタップすれば、キーの文字色やテキスト候補の色、キーの背景色や透過率など、テーマの設定を細かく指定できる。

カスタマイズを選択して「編集」を開く

 ウィンドウタブを開き、「背景をカスタマイズ」のプルダウンメニューから「画像」を選ぶと、手持ちの画像を背景に設定できる。キーの透過率(表示は「透過性」)は初期設定で0になっているが、それだと画像がよく見えない。「キー」タブの「キーの透過性」ゲージを調整して、背景が透けて見えるようにしておこう。

<「ウィンドウ」タブで画像を指定する /p>

手持ちの画像をタッチキーボードの背景にできた

 キーボードをドックから分離したり、手書き入力を行う際も、テーマは有効。気分に合わせて見た目を変えるのもアリ。

手書き入力時でもテーマが有効

 絵文字アイコンがキーボード内から、キーボード上部へ移動。絵文字アイコンをタップすると、上部によく使う絵文字や顔文字、記号、GIFアニメーションが表示される。

タッチキーボードで絵文字を入力できる

 GIFアニメーションはGIF検索エンジン「Tenor」(https://tenor.com)のサービスを利用しているようで、右上のフォームに「笑顔」や「怒る」などとキーワードを入力すると対応する画像が表示される。候補から選んでタップすれば、画像が挿入される。

GIFアニメも入力できる

 もちろん、メモ帳のようなテキストエディタには絵文字や顔文字を入力できるものの、GIFは挿入できない。SNSや文書作成アプリなどで利用しよう。

 ちなみに、この機能はGIFアニメーションの検索エンジンという位置づけで、必ずしも著作権がクリアになっているわけではない。アメリカではフェアユースの観点で問題なくても、日本で映画やアニメのキャラクターのGIFを使うのはグレー。あくまでも利用は自己責任となるので、覚えておこう。

 

■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン