このページの本文へ

ここが変わったWindows 11 第14回

Windows 11を最小システム要件を満たしていないPCにインストールする方法

2021年10月15日 12時00分更新

文● 柳谷智宣 編集●ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「Windows 11 インストール アシスタント」を実行してこの画面になればアップグレードできる

 Windows 11が10月5日にリリースされた。要件を満たしているPCであれば、順次Windows Updateでアップグレードできるようになる。Windows Updateにまだ表示されない場合は、「Windows 11 インストール アシスタント」でインストールできる。

 もちろん、要件を満たしていなければ動作しないのだが、どうしてもWindows 11をインストールしたい場合、裏技がある。裏技と言っても、マイクロソフトが公開しているものだ。

通常は要件を満たしていないとインストールできない

 要件を満たさないデバイスにはWindows 11をインストールしないように推奨しているものの、要件であるTPM 2.0やCPUのチェックをスキップできるという。ただし、マイクロソフトによると、深刻な問題が発生する可能性があるので、動作の保証はしないとのこと。試すのであれば、自己責任となる。

 Windows 10からWindows 11にアップグレードするためには、インストールメディアが必要になる。Windows 11のウェブサイトを開き、「Windows 11のインストールメディアを作成する」の「今すぐダウンロード」もしくは「Windows 11ディスクイメージ(ISO)をダウンロードする」の「ダウンロード」をクリックする。

「MICROSOFT MEDIA CREATION TOOL」でUSBメモリにインストールメディアを作成する

 ダウンロードした「MICROSOFT MEDIA CREATION TOOL」を実行すると、8GB以上の容量を持つUSBメモリにインストールメディアを作成できる。ISOファイルをダウンロードした場合は、自分でDVDに書き込もう。

 Windows 11のインストールメディアを用意できたら、次はレジストリを変更する。レジストリとはWindowsのシステムが利用する設定データのこと。基本的に隠されており、ユーザーの目には触れないのだが、レジストリエディタを利用することで編集することは可能。しかし、設定を間違えるとWindowsが起動しなくなったり、動作が不安定になるので注意が必要だ。

「regedit」と入力する

 まずは、Windows 10の検索フォームに「regedit」と入力してレジストリエディタを起動する。レジストリキーをたどり、「HKEY_LOCAL_MACHINE¥SYSTEM¥Setup¥MoSetup」を開く。右側の一覧の何もないところを右クリックして「新規作成」→「DWORD(32ビット)値」を選択する。値の作成画面が開くので、名前を「AllowUpgradesWithUnsupportedTPMOrCPU」に、値を「1」にしてOKをクリックする。最後に、「ファイル」メニューから「レジストリーエディターの終了」をクリックして、レジストリエディタを閉じる。

「AllowUpgradesWithUnsupportedTPMOrCPU」を作成し、値を「1」にする

 準備が完了したら、Windows 11のインストールメディアを開き、「setup.exe」を実行する。途中でWindows 11が必要な要件を満たしていないと表示され、サポートが受けられなくなると表示される。確認したら「更新」をクリックし、インストールを進めよう。

Windows 11インストールメディアの「setup.exe」をダブルクリック

画面の指示に従ってインストールを進める

 ちなみに、スキップできるのはCPUとTPMのチェックとなるが、それでもTPM 1.2は必要になる。少々古いPCでもほぼ搭載しているが、チップのない仮想OSソフトなどへのインストールは難しそう。

マイクロソフトの文書によると、一部の国向けにTPMなしPCでもWindows 11が使えるようだ

 マイクロソフトが公開している「Minimum Hardware Requirements for Windows 11」では、マイクロソフトが承認すればTPMサポートなしの出荷もOKと書いてある。自己責任でいいので、もう少し簡単にアップグレードさせて欲しいところだ。

■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン