前へ 1 2 3 次へ

「ファークライ6」もレイトレオンで快適プレイ、これからの話題のタイトルラッシュに備えよう!

RTX 3080搭載&第11世代Core i7で24万円台と超コスパ!! 最新タイトルも高解像度で存分に遊べるゲーミングデスクトップ「FRGH570/WSA」

文●藤田忠 編集●八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

基本のベンチマークも実行、全体的にかなり高性能

 最新、定番ゲームタイトルをキレイかつリアルな描写で、快適にプレイできるゲーミングパフォーマンスを示したFRGH570/WSA。最後はストレージ性能や、普段使い、写真・動画の編集などといった性能を定番ベンチマークで確認しておこう。

 まずはストレージ性能を「CrystalDiskMark」でチェックしていこう。評価機には、PCIe 3.0のインテル製NVMe M.2 SSDを搭載。現在最速のPCIe 4.0対応モデルではないが、必要十分なリード・ライト性能を発揮。テスト中に遅いと感じることはなかった。

評価機のSSDは、PCIe3.0×4インターフェースを採用するNVMe M.2のインテル「670p」を採用

シーケンシャルリード2740MB/秒、同ライト2740MB/秒のアクセス速度を発揮している

 パソコン全体のパフォーマンスをチェックできる「PCMark 10」のスコアを確認すると、総合スコアは"77478"の高スコアを記録。用途ごとのスコアも1万スコア超えと、日常から、表計算などのビジネスワーク、写真のRAW現像や、ゲームプレイ動画などの編集、エンコードといったクリエイティブな作業も、不満なく行なえるパフォーマンスになっている。

PCMark 10の結果

チャンスを逃さずに購入したい1台に

 定番人気のゲームタイトルはもちろん、注目の最新タイトルも快適に遊べるゲーミングパフォーマンスを備えつつ、お買得になっているFRGH570/WSAは、この秋冬にPCゲームを満喫したい人に、おすすめといえる1台になっている。

 なお、評価機がオープンβテストに間に合わず試すことはできなかったが、この冬、全世界のゲーマーたちの期待を集めている「バトルフィールド 2042」も、GeForce RTX 3080と8コア/16スレッドCPUのCore i7を搭載したFRGH570/WSAなら、高画質、高リフレッシュレートでの快適なプレイを狙っていける点も、付け加えておきたいところだ。

試用機の主なスペック
モデル名 FRGH570/WSA
CPU Core i7-11700F(2.50GHz〜最大4.90GHz)、8コア/16スレッド、TDP65W
グラフィックス GeForce RTX 3080 GDDR6X 10GB
メモリー 32GB(仕様機は16GB)
ストレージ 1TB SSD(M.2接続/NVMe PCIe 3.0×4対応)
チップセット インテル H570 チップセット(H570 Phantom Gaming4)
内蔵ドライブ
通信規格 有線LAN(1000BASE-T)
インターフェース(フロント) USB 3.2 Gen1 Type-A×2、マイク入力×1、ヘッドホン出力×1
インターフェース(リア) PS/2(キーボード/マウス)×1、USB 2.0 Type-A×2、USB 3.2 Gen1 Type-A×2、USB 3.2 Gen2 Type-A×1/Type-C×1、マイク入力×1、ライン入力×1、フロント出力×1、有線LNA端子×1
サイズ 幅200×奥行き470×高さ465mm
OS Windows 10 Home(64bit)
前へ 1 2 3 次へ

この記事の編集者は以下の記事もオススメしています

過去記事アーカイブ

2022年
01月
2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2020年
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
02月
03月
06月
07月
08月
09月
11月
2018年
01月
09月
2017年
06月
10月
2016年
12月