このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

東京ゲームショウ2021レポート 第54回

『刀剣乱舞無双』初の実機プレイをTGS2021出張版で配信、アーカイブ配信も開始!

2021年10月03日 09時30分更新

文● ジサトラハッチ 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 10月2日、東京ゲームショウ2021の公式生放送『TGS2021 DMM GAMES 特番「刀剣乱舞無双通信 TGS2021出張版」&「DMM GAMES スペシャルインフォメーション」』が配信された。

 本配信では、発表されてからTwitterのトレンド入りをするなどの注目を集める『刀剣乱舞無双』のNintendo Switchによる実機プレイが実施された。『刀剣乱舞無双』は、DMM GAMESが開発・運営、ニトロプラスが世界観・シナリオ・キャラクターデザインを担当する『刀剣乱舞オンライン』を題材とし、コーエーテクモゲームスの無双シリーズとコラボしたアクションゲーム。

 本放送では、スペシャルゲストとして山姥切国広役の前野智昭さん、山姥切長義役の高梨謙吾さんが出演。ゲームの解説はコーエーテクモゲームスの刀剣乱舞無双ディレクター三枝修氏が行なった。

右からコーエーテクモゲームスの三枝修氏、山姥切長義役の声優・高梨謙吾さん、山姥切国広役の声優・前野智昭さん、本放送のナビゲーターを務めたドグマ風見氏

本丸が3Dで完全再現!

本作のメイン画面の本丸は、3Dで再現されている。本丸では刀剣男子たちを強化したり、万屋で買い物ができたりする

本丸には奥の間、厠、庭、娯楽室、縁側があり、刀剣男子を配置できる

配置した場所で、LスティックやRスティックを押し込むと、配置した刀剣男子が反応する。本丸に刀剣男子を配置するとパラメーターの上昇したり、素材をゲットしたりすることもあるという

同じ場所に2人の刀剣男子を配置すると、二振りの絆が上昇し、特別なイベントを見る事ができる。また、条件を満たすとミニゲームが楽しめたりするとのこと

「絆会話」の条件を満たすと、配置した二振りの絆イベントが発生し、普段は見る事ができない二振りのやり取りが見られる

無双シリーズと同様の操作で爽快バトルが楽しめる!

 配信では、最初に前野さんがゲームをプレイ。

刀剣男子が戦国時代の戦いに挑んでいく。今回は、「備中高松城の戦い」に出撃

 バトルでは、メインに選んだキャラクターをプレイヤーが操作し、バディに選んだキャラクターはAIにより自動で動作する。

 本作はアクションゲームに慣れ親しんでいない人もいることも考慮し、戦闘中は「こんのすけ」が付いて来てガイドしてくれるとのこと。

刀剣乱舞のナビゲーターである「こんのすけ」が、本作ではプレイヤーに付いて来てガイドしてくれる

 操作は他の無双シリーズと同じく、Yボタンを連打すると通常攻撃、Xボタンで強攻撃。左下の青いゲージは、戦闘すると上昇し、ゲージがMAXになったらAボタンで必殺技が使える。

Yボタンで通常攻撃、Yボタンを連打する回数によって出る強攻撃が変化

Rボタンを押しながらだと、狙った強攻撃が出せる

出撃した合戦によって、その合戦に参加していた歴史の人物も登場するようだ

ゲージが溜まると必殺技が放てる

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事