このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

東京ゲームショウ2021レポート 第55回

DMM GAMES、ディーゼルパンクなRTS『アイアンハーベスト』と『Youtubers Life 2』と2つのゲームをTGS2021の生放送で紹介

2021年10月03日 10時00分更新

文● ジサトラハッチ 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 DMM GAMESは、セガ・アトラスTGS2021オンラインの配信番組「SEGA ATLUS CHANNEL DAY-2 ②」にて『Iron Harvest』(アイアンハーベスト)、『Youtubers Life 2 - ユーチューバーになろう -』海外作品2タイトルを紹介した。

ディーゼルパンクな世界観のRTS

 アイアンハーベストは、第一次世界大戦終結直後の架空の1920年代のヨーロッパが舞台。巨大ロボットが進軍するディーゼルパンクな世界観のリアルタイムストラテジー(RTS)になる。プラットフォームは、PlayStation 5とXbox Series X/S。

 3人の主人公にフォーカスした3つのストーリーモードやプレイヤー同士でマッチングして戦闘を行なうPvPなどが楽しめる。

映画のような作り込まれたムービーも必見

巨大な兵器が登場

熊は主人子の1人アンナの相棒

主人公のアンナは、勇ましく銃で戦う姿も。アンナは自分の故郷が襲われた悲しい経験があるという

巨大兵器が進行するシーンは映画の超大作を見ているような迫力を感じた

4脚歩行の兵器など、いろんな兵器が登場するようだ

ミッションは、いくつものユニットが入り乱れるリアルタイム進行の戦闘で進行する

 本作のキャンペーンモードは5種類あり、大ボリュームのストーリーが楽しめる。リアルタイムで進行し、ミッションをクリアするシミュレーションと、美麗なムービーのストーリーの二本立てで進行していく。異なる複数の主人公が絡み合うドラマチックな戦争の物語になっているとのこと。

 ミッションでは、プレイヤーが自分の陣地に生産拠点を作り、ユニットを生成し、敵と戦っていく。マップにある施設を占領することで、ユニットを生産する資源などを得られるため、施設をどれだけたくさん、長く維持できるかが重要になる。

 DMM GAMESが配信するコンシューマー版では、PC版で既に実装されている追加コンテンツの「ロスヴィエト革命」と「オペレーション・イーグル」が最初から収録されている。

 アイアンハーベストは、2021年10月28日発売予定で、価格は6930円。PS5でパッケージ版とDL版、Xbox Series X/SではDL版のみ販売する。チュートリアルが非常に分かり易い作りになっているので、RTSを初めての人でも触れて欲しいとのこと。

 また、初回生産版には特典として、ゲームに登場する兵器の多数のモデリングと、アートブックが付属しているそうだ。

放送内では、アートブックになる前の資料が少し公開された

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事