Razer、Chroma対応Thunderbolt 4 Dockなど周辺機器を発表

文●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Razerは9月17日、Chroma対応のThunderbolt 4 Dockなど周辺機器を発表。9月30日に発売する。

 「Razer Thunderbolt 4 Dock Chroma/Mercury White」はデュアル4K/シングル8K映像出力に対応するThunderbolt 4接続のドッキングステーション。ギガビットイーサネットポート、3.5mmオーディオ出力、UHS-II SDカードスロット、USB Type-A(3.2 Gen 2)×3ポートを備える。ブラック(4万9980円)とマーキュリーホワイト(4万7880円)が用意され、ブラックボディーのChromaはRazer Chroma RGBのイルミネーション機能も装備。

 ワイヤレスキーボード「Razer BlackWidow V3 Mini HyperSpeed」は、従来の「BlackWidow V3 Mini HyperSpeed」のキーキャップが半透明なダブルショットABS素材としたモデル。半透明キーキャップによりRazer Chroma RGBのライティング効果を最大限に引き出すことができる。ライティングをオフにしているときはキーキャップの文字が隠れて目視できない状態になる。価格は2万6800円。

 「Razer Phantom Keycap Upgrade Set(英語配列)はすでにRazerキーボードを持っている人が半透明キーキャップに変更できるキット。価格は4980円。さらに「Razer PBT Keycap + Coiled Cable Upgrade Set(英語配列)」は半透明キーキャップに加えてコイル状ケーブルも付属し、キーボードのカスタマイズが可能となる。Razerの小型テンキーレス、フルサイズのキーボードに対応。価格は6980円。

 「Razer Ergonomic Wrist Rest(Mini/Tenkeyless)」はキーボード用リストレスト。ソフトなメモリーフォームクッションを用いており、長時間の利用で手首を最大限にサポート。ソフトなレザーレット製で耐水性にも優れ、クリーニングしやすい設計。価格はMini/Tenkeylessともに2980円。

 「Razer Strider」は滑らかなスワイプと的確なコントロールが可能になるマウスパッド。ハードな表面上での滑りやすさにソフトパッド上でのコントロール性を組み合わせ、防滴仕様のため、軽く拭いて清潔さを保てるほか、裏面には滑り止めラバーを採用して、長時間のゲームプレイでも疲労を軽減。450×400mmのLサイズ(3980円)と940×410mmのXXLサイズ(6480円)の2製品が用意される。

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
2020年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
10月
11月
12月
2019年
01月
03月
04月
07月
08月
10月
11月
12月
2018年
06月
07月
11月
12月
2017年
01月
07月
10月
12月
2016年
01月
11月
2013年
03月