• Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

キャラクターや舞台を一新した、シリーズの新たな幕開けとなる最新作

光と闇の狭間を描く新たな「軌跡」がここに開幕――『英雄伝説 黎の軌跡』が9月30日に発売!

2021年09月24日 11時00分更新

文● ASCII

本記事は「週刊アスキー秋葉原版10月号」からの転載です。


●英雄伝説 黎の軌跡(クロノキセキ)
●ストーリーRPG
●日本ファルコム
●PlayStation 4
●2021年9月30日発売
●8580円(パッケージ版)
 8250円(ダウンロード版)
 SPRIGGAN EDITION 1万780円(パッケージ版)

表沙汰にできない依頼も扱う
《裏解決屋(スプリガン)》の物語

 日本ファルコムが送るストーリーPRG「軌跡」シリーズの最新作『黎の軌跡』が、いよいよ発売。

 多民族国家・カルバード共和国を舞台に、主人公のヴァンがアニエスという少女の依頼を受けたことから、国を巡る大きな事件に巻き込まれていく。

 本作では、基本のシステムはシリーズを踏襲しつつ新たな要素を多数搭載。ファンには新鮮に、初めてのユーザーも入りやすい作品となっている。

非合法スレスレの稼業を営む主人公

“ワケあり”の依頼を請け負い、裏社会にも通じる《裏解決屋》を営むヴァン。劇中では、正義の面だけでなく、悪側に理解を示す場面も……。少し大人な物語が展開していく

物語を紡ぎ出す8人のメインキャラクター

 本作では、ヴァンをはじめに計8人のキャラクターがパーティに加わる。共和国のお国柄を体現するように、学生から外国の猟兵、役者や科学者まで、年齢も立場も異なるキャラクターが集う。

ヴァン・アークライド
CV:小野大輔さん

カルバード共和国の首都で活動する《裏解決屋》。仕事柄、さまざまな業界の幅広い人脈を持つ。ドライな性格だが、筋は通すタイプで面倒見も悪くない

アニエス・クローデル
CV:伊藤美来さん

首都の名門校《アラミス高等学校》に在籍する女学生。“曾祖父”の遺品であるオーブメントを探すため、《アークライド解決事務所》に訪れる

フェリ・アルファイド
CV:小倉唯さん

高位の猟兵団「クルガ戦士団」に所属する13歳の少女で、幼い頃から本格的な戦闘訓練を受けてきた。一方、日常生活では年相応の反応を示すことも

アーロン・ウェイ
CV:内田雄馬さん

共和国の東方人街で青年たちを統率する若きリーダー格。東方華劇に出演したり、カジノで荒稼ぎしたりと、遊び人だが周囲を惹きつけるカリスマを持つ

リゼット・トワイニング
CV:石川由依さん

《マルドゥック総合警備保障》のサービスコンシェルジュを務める女性。ヴァンとはビジネスライクな関係で、社外テスターとして武器ほかを提供する

カトル・サリシオン
CV:田村睦心さん

バーゼル理科大学に在籍する15歳の研究者。《導力ドローン》の研究開発と運用を専門としている。導力革命の母・ハミルトン博士を祖母のように慕う

ジュディス・ランスター
CV:日笠陽子さん

《導力映画》界において、圧巻の演技力でファンを魅了するトップ女優。じつは“裏”の仕事も持っており、女優業の合間を縫って秘密裏に行動する

ベルガルド・ゼーマン
CV:大塚明夫さん

ヴァンに“真っ当な”武術を教えた隻眼の老人。東方三大拳法の一つ《崑崙(こんろん)流》を修めた武芸者で、"本当の名前”を捨てて諸国を巡る旅を続けている

交錯する複数の勢力
手を組む相手で物語の展開が変化!

 物語には「正義」と「悪」、さまざまな組織や人物が登場。本作では「L.G.C.アライメント」というシステムを採用し、プレイヤーの選んだ選択肢によって正義か悪か中立か、物語の展開が変化する。

バトルスタイルは進化した形へ
アクション+コマンドの複合形

 フィールドではシームレスにバトルが開始。そのままアクションで敵を倒すことが可能なほか、任意のタイミングでコマンドバトルに移行できる(その逆も可能)。非常にテンポよく、ゲームは進んでいく!

限定版
SPRIGGAN EDITION

 初期設定資料集やキャラクターデータファイルといった秘蔵版書籍をはじめ、ここでしか入手できないグッズが特殊仕様の豪華三方背ケースに同梱された限定版も発売。

 初回特典には劇中のシステムボイスを変更するDLC「ホロウコア Voice:ラトーヤ・ハミルトン」が付属している。

 「週刊アスキー秋葉原版10月号」では、『英雄伝説 黎の軌跡』の特集記事も掲載。物語を彩るキャラクターたち、刷新されたシステム紹介やプレイインプレッション、日本ファルコムの近藤季洋社長のインタビューなど、さらにゲームの詳細がわかる内容となっているので、ぜひチェックしてみてほしい。

   

(提供:日本ファルコム)

 
この記事をシェアしよう

ASCII.jpの最新情報を購読しよう