このページの本文へ

Facebookがスマートグラス「Ray-Ban Stories」を発表、5メガピクセルのデュアルカメラ搭載

2021年09月10日 13時50分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Facebookは9月9日、友人や家族、自分の周囲の世界と常につながりながら、写真や動画の撮影、音楽の視聴、通話といったアクションを全く新しい方法で行なえる第1世代のスマートグラス「Ray-Ban Stories」を発表した。

 本製品は、FacebookとEssilorLuxotticaとのパートナーシップによって開発されたもの。

 内蔵の5メガピクセルのデュアルカメラは、ユニークな一人称視点となっており、自分が見たままの世界を簡単に記録することが可能なことに加え、写真や最大30秒の動画をキャプチャーボタンを使って撮影したり、Facebookアシスタントの音声コマンドを使ってハンズフリーで撮影することができる。

 また流線型のオープンイヤースピーカーを内蔵。3つのマイクロフォンオーディオアレイによって、通話や動画でも豊かな音声の伝達を実現。ビームフォーミング技術とバックグラウンドノイズ抑制アルゴリズムにより、専用ヘッドフォンのような優れた通話体験が可能という。

 さらに「Facebook Viewアプリ」と連携しているので、自身のストーリーや思い出を友人やSNSのフォロワーとシームレスに共有が可能。

 同アプリではスマホ上のFacebookやInstagram、Twitter、TikTokなどのアプリに簡単に取り込み、編集・共有することができるほか、コンテンツをスマホのカメラロールに保存し、そこから編集して共有することもできる。

 なお本製品はRay-Banの定番モデルであるWayfarer(ウェイファーラー)、Wayfarer Large(ウェイファーラー・ラージ)、Round(ラウンド)、Meteor(メテオール)の20種類のモデルバリエーションと5色のカラーバリエーションに加え、レンズもクリア、サン、トランジション、度付きなどに変更可能なので、自分に合ったスタイルを選べるという。

 価格は299米ドルからで、オンラインのほか、米国、オーストラリア、カナダ、アイルランド、イタリア、英国の一部の小売店で購入可能。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン