このページの本文へ

収益化サポートを加速

Facebook、クリエイター収益化に10億米ドル以上を投資へ

2021年07月16日 17時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

フェイスブック公式サイトより

 フェイスブックは7月14日(米国時間)、クリエイターがFacebookやInstagram上で制作するコンテンツで収益を得られるよう、2022年末までに10億米ドル以上をインセンティブプログラムに投資すると発表した。

 クリエイターが同社のクリエイティブツールや収益化ツールを使用して一定のマイルストーンを達成した場合に支払う新しいボーナスプログラムや、コンテンツを制作するための準備資金の提供などを予定している。

 日本ではInstagramのバッジ機能のテスト対象であるクリエイター向けに同様のプログラムを導入しており、バッジ機能を使って所定の条件を満たすと、一定の金額がクリエイターに支給されるようになっている。その他にも以下のボーナスが用意される

・IGTV広告ボーナス:クリエイターがIGTV広告(クリエイターが投稿するIGTV動画の冒頭に広告を表示し、収益の一部を受け取ることができる広告)に登録すると、1回限りの報酬を得られる。なお、日本はIGTV広告が未導入のため、ボーナスも対象外。

・リールサマーボーナス:クリエイターが投稿したリール動画の再生回数に応じて報酬をもらえる。今後数週間のうちに米国で開始予定。

リールサマーボーナス

 また、Facebook上でも導入済のFacebookスターチャレンジをゲームクリエイターに拡大する。Facebookスターはいわゆる“投げ銭”機能で、スターチャレンジでは「一定時間配信する」「一定の時間内で一定のスターを獲得する」といった条件を満たすと、無料のスターがもらえる。さらに、インストリーム広告を利用している一部の動画クリエイターに今後4ヵ月間にわたってボーナスを提供するなど、様々なプログラムを導入する(日本は対象外)。

インストリーム広告の利用者にボーナスを提供

Facebookスターチャレンジ

 本プログラムの透明性を担保するため、収益化ポリシーに準拠していないコンテンツには報酬は提供しない、著名人から若手まであらゆるクリエイターを対象とすること、要件をシンプルにすることなどのガイドラインを設定している。

 本プログラムを導入することで、Instagramのバッジ機能やIGTV広告による広告収入の獲得、ビジネスとの協業をサポートするブランドコンテンツやEC事業向けのショップ機能に加えて、Facebookにおけるインストリーム広告やFacebookスター、ファンサブスクリプション、有料オンラインイベントによるファンサポートなど、現在拡充しているツールを補完する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン