このページの本文へ

AR試着APIの提供や検索AIの強化を発表

Facebookがショップ機能を強化へ、AI・AR分野への投資拡大

2021年06月23日 19時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Facebook、パーソナライズしたショッピング体験を実現するショップ広告とAI・AR分野への投資を発表

 Facebookは6月22日(米国時間)、ショップ機能や広告ソリューションの拡充、より充実したショッピング体験を将来的に実現するためのテクノロジーへの投資について発表した。

 同社は、2020年には新型コロナウイルス感染症の影響で事業をオンライン化するビジネスを支援すべく、ショップ機能の導入を加速。現在の月間アクティブショップ数は120万、毎月ショップを訪れる利用者の数は3億を超えた。今後、ショップ機能へさらなる投資を行なうことで経済回復を継続的に支援するとともに、2022年6月までの1年間、FacebookとInstagramのチェックアウト(決済)機能を利用している出品者への手数料を免除する。

広告によるショッピング体験のパーソナライズ化

 顧客に対してシームレスで関連性の高いショッピング体験を提供したいというニーズがあることから、利用者のショッピングの好みに応じてパーソナライズされたショップ広告を導入する。現在、利用者の普段のショッピング行動に基づいて、最も商品を購入しそうな場所に送客できる広告を米国でテストしている。将来的には、特別なオファーやプロモーションを提供することで、ビジネスがショップ広告をさらにパーソナライズできる方法を検討していくという。

ARやAIによる未来のショッピング体験

 また、InstagramにAIを活用した新たなビジュアル検索ツールを導入し、利用者がより簡単に新しい商品を発見できるようにするほか、AR体験を通じて購入前に商品を体験し、イメージしやすくなる機能を導入する。今年中に米国で、AIを活用した新たなビジュアル検索機能のテストする予定だ。例えば、花柄のワンピースを気に入って画像をタップすると、類似商品を見つけられるという。将来的には、利用者がカメラで撮影した画像からもビジュアル検索を利用できるようにする。

 顧客が商品を購入する前に使用感を試すことができるよう、API連携を通じて、ARを活用した試着体験をショップ機能内で提供できるようにする予定だ。

 現在は他社と共同でビューティー業界のパートナー向けAPIを試験的に導入しており、商品をバーチャルで試すことができるよう、LancomeやLaura Mercier、Armaniなど330のビューティーブランドがInstagram上のショップでAR体験を提供している。今後はインテリアなど、ビューティー以外の業界にも提供を拡大していく。今後、既存の広告プロダクトにARを統合し、Facebook上で商品を販売する事業者向けに、オプションとして提供することを検討しているという。

 さらに、一連の取り組みの一環として、Facebook上でAR対応のダイナミック広告を試験的に導入している。広告主がAR商品カタログをアップロードすると、利用者の興味関心に関連する商品が自動的に表示され、広告を通じてARを活用したバーチャルな試着体験を訴求できる。

 これらに加えて、一部の国ではショップ機能をWhatsAppとMarketplaceにも拡大し、同社が提供するプラットフォーム上でより簡単にショップにアクセスし、商品を発見できるようにする。また、今後数ヵ月のうちに、Instagramのチェックアウト(決済)機能に対応している商品について、商品を購入した顧客がレビューや評価を投稿できるようにする予定。

■関連サイト

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ