このページの本文へ

石川温のPCスマホニュース解説 第122回

ドコモ「home 5G」固定回線競争に拍車

2021年09月09日 09時00分更新

文● 石川温 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

KDDIの対抗策は「自宅セット割」

 一方、KDDIのブランドのひとつである「UQモバイル」では、9月2日より「自宅セット割」を始めた。

 これにより、月3GBのプランなら、1628円から638円が引かれて月額990円となる。

 これまでは、UQでんきなど、電気を契約すると通信料金を割り引くという施策であったが、今回から、固定回線のセットも適用となった。単にKDDIが提供する光回線や家庭向けWi-Fiルーターの組み合わせだけでなく、ケーブルテレビのJ:COMや関西で大手のeo光など、他社の固定回線との組み合わせでも割り引くのが特徴だ。

 かつて、KDDIは「auスマートバリュー」として、自社だけでなく他社との固定回線とau回線を組み合わせることで割り引くというサービスに注力していたが、まさに自宅セット割は「UQスマートバリュー」といえる商品に仕上がっている。

 今回、KDDIがUQモバイルで自宅セット割を強化するのは2つの狙いがある。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン