• Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

巨大なフィールドボスモンスターとの戦いが熱い! パッド操作も快適

ソロプレイでも大勢のプレイヤーと共闘! 古き良きMMORPGの雰囲気も味わえるアクション性高い最新MMORPG「BLESS」を始めてみた

2021年08月11日 16時00分更新

文● 八尋 編集●ASCII

パーティーを組んでなくても共闘できる!
フィールドボスモンスター討伐が熱い!

巨大なフィールドボスモンスター。パーティーを組んでいない大勢のプレイヤーと共闘できる

 本作には、各所にフィールドボスモンスターが点在している。このモンスターはほかのモンスターとくらべて明らかに強く、序盤では絶対に1人では倒せない。しかし、本作の魅力の1つとして挙げられるのが、パーティーやギルドに入っていなくても周りのプレイヤーと共闘できる点だ。

 フィールドボスモンスターのところに行くと、かなりのプレイヤーが集まっており、ともに討伐することに。面白いのが、HPがゼロになるとすぐゲームオーバーというわけではなくダウン状態となり、焚き火のある場所に戻るか、アイテムを使って復活するかなどが選択できるのだが、近くにプレイヤーがいると起こしてくれることがある。

パーティーを組んでいないプレイヤーも、ダウンしていると起こすことができる

 フィールドボスモンスターの攻撃はかなり強力で、何度かダウンしてしまったが、心優しきプレイヤーが起こしてくれて、そのまま戦うことができ、「MMORPGのプレイヤーってあったけえ!」と感動した。フィールドボスモンスターは、ある程度攻撃を与え続けていると、最後に倒したプレイヤーが自分以外であっても報酬が手に入る。逆に、もう倒せそうなモンスターをちょっと攻撃した際には、報酬は手に入らなかったので、その辺の公平さも考えられているなと感じた。

見事討伐!

 なお、今回はソロプレイのみだったが、もちろんパーティーを組んだり、ギルドに入ったりも可能。プレイ中にサーバーのチャンネルのテキストチャット上にギルドメンバーを募集している人も結構いたので、気になるギルドがあれば声をかけてみよう。また、まだサービスが始まって間もないということもあり、結構テキストチャット上に質問を投げかけているプレイヤーも多くいた。それに対し、恐らくその人より長時間遊んでいるプレイヤーが丁寧に説明してあげている場面も見受けられ、MMORPGっていいな! と改めて思った。

ダンジョンでボスを討伐!
マッチングも快適

レベルに合わせたダンジョンを選択して挑戦しよう

 本作では、クエストやフィールドボスモンスターの討伐のほかに「ダンジョン」も用意されている。ダンジョンはメニュー画面から自分のレベルにあったものを選択すると、マッチングリストに追加される。その中からマッチングが成立したものにとび、ダンジョン攻略がはじまる。

 ダンジョンにはボスモンスターが出現し、決まった人数で戦うことになる。戦いに勝つと報酬が手に入るので、ぜひ積極的に挑んでみてほしい。パーティーを組んではもちろん、自動でマッチングしてくれるのは、ソロプレイヤーとしてはうれしいポイントだった。

パーティーを組んでいなくても自動でマッチングしてくれるのは便利

見事撃破!

成功すると報酬が手に入る

 本作には、馬を始めとしたマウント可能な動物も多数存在する。乗ると移動速度が劇的に速くなるので、広大なマップを移動するためには必須のコンテンツとなる。今回は事前登録でゲットしたダチョウに乗って散策をしたが、このほかにもオオカミなど様々な動物に乗っているプレイヤーとすれ違った。

事前登録でゲットしたダチョウを解除。動物は登録証を手に入れれば解除できる

 そのほか、釣りなどの生活コンテンツや、今後は領地コンテンツなども登場予定。とのことだ。

釣り。のんびりしたいときに最適

パッドでの操作も快適

今回はMad Catzのゲームパッド「C.A.T. 7」で試した

 最後に、序盤はキーボードとマウスでプレイしてみたが、気分転換にパッドでも遊んでみた。これがよくできており、例えばRボタンと□〇△×ボタンを組み合わせてスキルを発動したり、十字キーを使って回復アイテムなどを使用したりと、操作は快適だった。なお、パッド操作もボタン操作をカスタマイズ可能なほか、いくつかプリセットも用意されているので、こちらも試してみよう。

パッド操作もタイプ5まで用意されているほか、カスタマイズも可能

 加えて、パッドで操作しつつ、チャットなどを打ちたい場合には、マウスとキーボードを入力すると即座に操作が切り替わる。設定などでキーボードマウスとパッドの操作を切り替えることなく自動で認識してくれるのは、とてもありがたかった。アクション性が高いタイトルなので、キーボードマウスでの操作が苦手という人や、パッド操作に慣れている人は、ぜひパッドでのプレイも試してみてほしい。

各種短縮キーも。覚えると便利だ

この記事をシェアしよう

ASCII.jpの最新情報を購読しよう