前へ 1 2 次へ

ASUS「ZenBook 13 OLED UX325EA」実機レビュー ! モバイルPCもOLEDが当たり前になった

文●写真 ジャイアン鈴木 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

有機ELディスプレーはさすがの広色域
室内灯下でも綺麗なウェブカメラ

 本製品のキーボードは86キーの日本語仕様で、キーピッチは実測19mm前後、キーストロークは実測1.35mm前後。キーストロークを若干浅く思う方もいるかもしれないが、適度な押圧力が与えられており打鍵感は良好だ。個人的に気になったのが、Enterキーの右側に、電源/Home/PgUp/PgDn/Endの各キーが配置されていること。日本語入力で確定時に多用するEnterキーの右側にキーが1列あることは好みが分かれる。ただEnterキー自体の幅が広めなので、使い込めば慣れることは可能だろう。

 タッチパッドの面積は実測130×65mmと広め。全体が沈み込むダイビングボード構造のタッチパッドだがストロークが浅めに設計されており、クリック操作する際に指がずれにくい。タッチパッド表面の指の滑りもよく、操作しやすいポインティングデバイスに仕上げられている。

 92万画素赤外線(IR)カメラの画質はかなりいい。室内灯下で撮影しても明るく、そして自然な発色で撮影できる。アレイマイクにはAIノイズキャンセリング機能も搭載されているので、テレワーク時のビデオ会議は本機だけで快適にこなせるはずだ。

 13.3型フルHD有機ELディスプレーの色域を、カラーキャリブレーション機器「i1Display Pro」と色度図作成ソフト「ColorAC」で実測したところ、sRGBカバー率100%、AdobeRGBカバー率97%、DCI-P3カバー率100%とスペック通りの性能を確認できた。ブルーライト低減モードも搭載されているが、OSのダークモードを活用すれば、目の疲れをさらに緩和できる。

キーピッチは実測19mm前後

キーストロークは実測1.35mm前後

キーボード面は剛性がしっかりと確保されている。打鍵感も良好だ

キーボードバックライトは明るさを3段階で調整可能

タッチパッドの面積は実測130×65mm

ディスプレー上部に92万画素赤外線(IR)カメラ、アレイマイクを内蔵

Windows 10の標準カメラアプリで撮影(HDRオン)。室内灯下でも明るく、自然な発色で撮影できる

最大輝度400cd/平方m、色域DCI-P3 100%、HDR対応の13.3型フルHD(1920×1080ドット)有機ELディスプレーを搭載

実測したDCI-P3カバー率は100%、DCI-P3比は115%

「ブルーライト軽減」を有効にすれば、ブルーライトを最大30%低減してくれる

TigerLakeのパフォーマンスをきちんと実現している

 最後にパフォーマンスをチェックする。まずCPU性能だが、「CINEBENCH R23」は4908pts、「CINEBENCH R20」は1922pts、「CINEBENCH R15」は892cbとなった。同じく「Core i7-1165G7」を搭載する「ASUS ZenBook Flip S UX371EA」が3539pts、1714pts、810cbだったので、ASUS ZenBook 13 OLED UX325EAは10~38%も速くなっている。

ベンチマークは、「MyASUS」のファンモードを「パフォーマンスモード」、Windowsの電源モードを「最も高いパフォーマンス」に設定して実施している

「CINEBENCH R23」のCPU(Multi Core)は4908pts、CPU(Single Core)は1444pts

「CINEBENCH R20」のCPUは1922pts、CPU(Single Core)は556pts

「CINEBENCH R15」のOpenGLは100.61fps、CPUは892cb、CPU(Single Core)は227cb

「CINEBENCH R23」実行中のCPUの平均クロック周波数は2929.8MHz、最大クロック周波数は3683.6、平均温度は79.91度、最大温度は95度(室温26.4度で測定)。グラフを見ればわかるとおり、ベンチマーク実行中にCPU温度が下がっていっても、クロック周波数は同じようなカーブで低下している。

 つぎに3Dグラフィックス性能だが、「3DMark」のTime Spyは1755、Fire Strikeは4804、Wild Lifeは12681となった。こちらもASUS ZenBook Flip S UX371EA に比べて、16~20%も速く、Tiger Lakeの性能がしっかり出せるようになっていることがわかる。

「3DMark」のTime Spyは1755

Fire Strikeは4804

Wild Lifeは12681

「ファイナルファンタジーXIV:漆黒のヴィランズ ベンチマーク」(1920×1080ドット、標準品質、ノートPC、フルスクリーンモード)のスコアは7150(非常に快適)

 ストレージ速度については、「CrystalDiskMark 8.0.4」で計測を実施したところ、シーケンシャルリード(SEQ1M Q8T1)は1923.25MB/s、シーケンシャルライト(SEQ1M Q8T1)は1787.92MB/sという結果になった。PCIe 3.0 x2接続SSD搭載モデルとしては順当な結果と言える。

「CrystalDiskMark 8.0.4」のシーケンシャルリード(SEQ1M Q8T1)は1923.25MB/s、シーケンシャルライト(SEQ1M Q8T1)は1787.92MB/s

 バッテリー駆動時間については、ディスプレー輝度40%でバッテリー残量2%までという条件で、バッテリーベンチマーク「BBench」を実施したところ、10時間32分44秒動作し、十分なモバイル性能を備えている。さらにディスプレー輝度を下げても実用的な視認性を得られるので、バッテリー駆動時間を延長する余地は十分にある。

「ファイナルファンタジーXIV:漆黒のヴィランズ ベンチマーク」実行中のキーボード面の最大温度は55.5℃(室温26.5℃で測定)

底面の最大温度は56.7℃

ACアダプターの最大温度は55.7度

画質最優先でスタンダードPCを選ぶなら
ZenBook 13 OLEDは最有力候補

 これまで有機ELディスプレーと言えばフラッグシップノートPCの専売特許の感があったが、16万4800円から購入可能な本製品に搭載されたことによって、やっとスタンダードノートPCに降りてきたことになる。

 有機ELディスプレーでは焼き付きを心配される方もいるだろうが、特別なスクリーンセーバーを起動する「ピクセルリフレッシュ」、表示されるピクセルをわずかに移動する「ピクセルシフト」などの保護機能「ASUS OLED Care」が用意されているので安心だ。画質最優先でスタンダードPCを選ぶなら、ASUS ZenBook 13 OLED UX325EAは最有力候補である。

「ASUS OLED Care」では、「ピクセルリフレッシュ」「ピクセルシフト」のほかタスクバーの自動非表示設定も用意されている

■関連サイト

前へ 1 2 次へ

過去記事アーカイブ

2023年
01月
2022年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2020年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月