このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

このスマホ、ホントに買い? 話題のスマホ徹底レビュー 第295回

エンタメ&カメラ性能が充実の最新フラッグシップ「Xperia 1 III」は万能ぶりが光る1台

2021年07月23日 12時00分更新

文● 友納一樹 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 今回レビューするのは、ソニーの「Xperia 1 III」。同社のXperia 1シリーズのおよそ1年ぶりとなる最新フラッグシップモデルです。7月9日より発売され、ドコモ(15万4440円)、au(17万8000円)、ソフトバンク(18万8640円)の3キャリアが取り扱っています。カラーは、「フロストブラック」「フロストパープル」が共通で、ドコモはこの2色に加えて「フロストグレー」をそろえています。

 今回はau版Xperia 1 IIIを1週間ほど使ったので、その実力をレポートします。

握れる縦長デザイン
ディスプレイ&サウンド性能が◎

 本体は、いまやXperiaシリーズのおなじみとなった縦長なスリムなデザイン。横幅は約71mmに抑えられており、がっちりホールド可能。持つというより“握れる”ので、落としにくいという安心感があります。

本体サイズは約71×165×8.2mm、重量は約188g

今回は「フロストパープル」を使用。滑らかでマットな質感が特徴

 本体右側には、自然と親指があたる位置には電源ボタンがあり、その下にGoogleアシスタントを呼び出せるアシスタントキーを搭載します。電源ボタンより下にあるためわずかに押しづらいですが、使用頻度を考えても支障は少ないはず。電源ボタンは、ロック解除用の指紋センサーも兼ねています。

右側には、上から音量ボタン、電源ボタン、アシスタントキー

左側上部にSIMカードスロット

上部には3.5mmイヤホンジャック

下部にはUSB Type-Cポート

 画面は、約6.5型の有機ELシネマワイドディスプレー。4K(3840×1644ドット)相当の解像度を持ち、120Hzのリフレッシュレートも特徴です。画面表示の鮮明さ・キレイさはもちろんですが、Xperiaを使ってあらためて感じたのは、黒帯がないことの快適さ。画面比率が21:9であるため、NetflixやAmazonプライムで映画を見る際に上下の黒帯が出ず、画面いっぱいに映像が表示されます。

黒帯がないだけで、没入感がかなり高まる

 本体上下にはステレオスピーカーを均等に配置。Dolby Atoms(設定から有効にできる)に対応し、また前モデルXperia 1 IIから音圧が約40%向上しているとのこと。実際に映画を見ると、音の左右差が一切なく、広がりと臨場感を感じられます。ヘッドホンなしでもじゅうぶん楽しめるでしょう。ディスプレー性能と相まって、動画視聴の没入感・満足感はスマホのなかでも頭一つ抜けている印象です。

設定からDolby Atomsをオンにできる

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン